【2021年最新】ハイローオーストラリアとザ・オプションを徹底比較してみた!

6 min 44 views
ハイローザオプション比較

「ハイローオーストラリアとザ・オプションの決定的な違い」

よくある疑問
  • 「バイナリーオプションでどんな業者を使用すればいいの」
  • 「ハイローオーストラリアとザ・オプションの違いって何?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなバイナリーオプション取引の業者というお悩みを解決します。

具体的には

本記事の概要
  • ザ・オプションとは?ハイローオーストリアとの違いについて
  • ハイローオーストリアとザ・オプションを徹底比較
  • ハイロー&ザ・オプションを比較!ハイローオーストリアのおすすめポイントTOP5
  • ハイロー&ザ・オプションを比較!ザ・オプションのおすすめポイントTOP5

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、バイナリーオプション業者選択が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ハイローオーストリアとザ・オプションを徹底比較

ハイローオーストラリアザ・オプション
運営年数2010年5月(11年2017年1月(4年)
ペイアウト最大:2.3倍、最低:1.85倍最大:2.0倍、最低:1.81倍
取引方法全25銘柄
最大取引額:20万円
最低取引額:1000円
全18銘柄
最大取引額:5万円
最低取引額:1000円
入金方法3種類(すべて無料)4種類(すべて無料)
出金方法手数料無料手数料あり(条件次第で無料)
キャンペーン単調豊富
口座凍結一週間で50万円や総額1000万円以上など稼ぎすぎると危ない短期間で50万円以上など稼ぎすぎると危ない
安全性高い高い
約定力弱い強い
使いやすさ中級者以上向き初心者向き

表を見てみるとハイローオーストラリアもザ・オプションも一長一短のように見えます。

表の項目についてそれぞれの視点から比較してみましょう。

運営年数で比較

運営年数をみてみると、ハイローオーストラリアは2010年5月から運営開始。ザ・オプションでは2017年1月から運営開始となっています。

二つを比較すると約7年の差が生まれており、ハイローオーストラリアの方が長い年数運営しているだけ信頼度が厚いのではないでしょうか。

長年運営をしているということは、それだけの経験を業者は積んでいるということになります。

しかし、ザ・オプションも2017年から4年運営している実績があるので信頼がないというわけではなさそうです。

4年会社を運営し続けているのも、信頼の一つといえるでしょう。

ペイアウト率で比較

ペイアウト率でみてみると、ハイローオーストラリアの方が最大ペイアウト率も最低ペイアウト率も高いです。

ハイローオーストラリアのペイアウト率はバイナリーオプション業界でもトップクラスの高さを誇ります。

特に【30秒取引の時のペイアウト率が2.3倍で業界トップクラスのペイアウト率】と言うのが分かります。

ハイローオーストラリアのペイアウト率とザ・オプションのペイアウト率を比べてしまうとザ・オプションのペイアウト率が低く見えてしまうでしょう。

しかし、ザ・オプションのペイアウト率もバイナリーオプション業界の中でみてみると低くないです。

取引方法で比較

取引方法で比較してみると、全銘柄吸うでハイローオーストラリアは25銘柄、ザ・オプションは18銘柄と7つの差が生まれています。

7つ差があるということはそれだけハイローオーストラリアの選択肢が多いということです。

バイナリーオプション取引の選択肢が増えるということは期待値が上がるということ。

勝率を最大限に上げるためには、選択肢が多い方がいいのではないでしょうか。

しかし、ザ・オプションでは引き分け判定の時に還元されます。ハイローオーストラリアでは負け判定を食らってしまうのでザ・オプションにも良い点があります。

入金方法で比較

ハイローオーストラリアでは「クレジットカード」「銀行振込」「ビットコイン」の三種類の振込方法。

ザ・オプションでは「クレジットカード」「銀行振込」「ビットコイン」「ビットウォレット」の四種類の振込方法があります。

振込方法の種類だけみるとザ・オプションの方が良いように見えますが、最低入金額をみてみると、ザ・オプションはビットウォレットが5000円、その他10000円。

ザ・オプションに対し、ハイローオーストラリアでは銀行振込は10,000円ですが、クレジットカードとビットコインでの最低入金額が5000円とザ・オプションより低いです。

出金方法で比較

出金手数料に関しては、ザ・オプションでは条件を満たしていると手数料が無料になります。

条件とはザ・オプション内でのランクのことをいい、ランクに応じて優遇措置が決まります。

優遇措置達成条件
チャレンジャー口座開設後の初回出金無料口座登録で達成
トレーダー30日以内で出金手数料1回無料50万円分の取引
ベーシック30日以内で出金手数料2回無料100万円分の取引
プロ30日以内で出金手数料5回無料300万円分の取引
エキスパート出金手数料がずっと無料
出金限度額が50万円→100万円
500万円分の取引

しかし、ハイローオーストラリアでは出金手数料が無料なので魅力的である。と言えます。

キャンペーンで比較

キャンペーンではまずハイローオーストラリアのキャンペーンについてみていきましょう。

ハイローオーストラリアのキャンペーン
  • 初回入金時5,000円のキャッシュバック
  • 毎月の取引額からキャッシュバック
  • 救済措置キャッシュバック
ザ・オプションのキャンペーン
  • 初回入金時5,000円のキャッシュバック
  • 口座ランク達成時にキャッシュバック
  • 期間限定のペイアウト率UP
  • 入金額に応じたキャッシュバック
  • 負け額の半額キャッシュバック

ハイローオーストラリアのキャンペーン面についてはバイナリーオプション業界でよくあるキャンペーンが行われています。

それに対しザ・オプションのキャンペーンは期間限定のペイアウト率UPが特別で、ハイローオーストラリアのペイアウト率を超えることがあります。

キャンペーンを有効的に使用することで、お得に取引を行うことができるかもしれません。

口座凍結で比較

口座凍結に関しては、一定の基準が設けられているわけではありません。

あくまでSNS上での経験談を元に数値を出しています。

ただ、ハイローオーストラリアとザ・オプションの両者とも、短期間での取引で多く稼ぐことが口座凍結のきっかけになるというわけです。

短期間で多く稼ぐことは、不正を疑われている証拠。つまり何かしらの規約を破っているとみなされているのです。

短期間で多く稼ぐことは運営側に黒判定されてしまうので注意しましょう。

安全性で比較

安全性の面では「金融ライセンス」「信託保全」「サポート体制」の面でみていきましょう。

ハイローオーストラリアの場合
  • 金融ライセンス:なし
  • 信託保全:あり
  • サポート体制:日本人スタッフによるメール、または電話
ザ・オプションの場合
  • 金融ライセンス:あり(エストニア金融監督庁)
  • 信託保全:事業と顧客の資金を別管理で対応
  • サポート体制:日本人スタッフによるチャット、メール、または電話

金融ライセンスの面では、ザ・オプションは保有しているので安全のように思えますが、ハイローオーストラリアも以前はオーストラリアでの金融ライセンスを保有していました。

運営拠点を移動させてから金融ライセンスは持っていない】ということになります。

信託保全に関してはハイローオーストラリアがありに対し、ザ・オプションは別々で管理していることを公表しています。

公表しているということはよほどのことがない限り安心できるのではないでしょうか。

サポート体制に関しては両者とも日本人スタッフが対応してくれるので何かあっても安心できます。

約定力で比較

ハイローオーストラリアでは約定力が弱いのが気になります。

ハイローオーストラリアの約定力の弱さは、ユーザーの多さが原因と言われており、サーバーに負荷がかかりすぎていることが約定力の低さにあらわれているということになります。

ザ・オプションではサーバーが安定している分、約定力が強い傾向にあります。

ユーザーの多さがハイローオーストラリアに比べて少ない分、サーバーが安定している点が魅力。

約定力は特にノイズを狙った取引を行う場合に影響してきます。約定力注意して業者を選んだ方がいいのではないでしょうか。

使いやすさで比較

使いやすさでいうと、ザ・オプションの方が使いやすいのではないでしょうか。

UIがうまくまとまっているように感じられ、日本人向きに使いやすくアレンジされている気がします。

こちらがザ・オプションの取引画面です。

移動平均線やボリンジャーバンド、相対力指数などが簡単に追加することができます。両者を使ってみての感想ですが、ザ・オプションは初心者でも使いやすいのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアの取引画面ではこちらの画面です。

ハイローオーストラリアでは取引画面ではインジケーターを表示することができないことが少し不便かもしれません。

ハイロー&ザ・オプションを比較!ハイローオーストリアのおすすめポイントTOP5

ではここでハイローオーストラリアのおすすめポイントTOP5を紹介します。

ハイローオーストラリアのおすすめポイントTOP5
  • おすすめポイント①:キャッシュバックが魅力的
  • おすすめポイント②:最大取引金額が大きい
  • おすすめポイント③:取引銘柄が豊富
  • おすすめポイント④:出金手数料無料
  • おすすめポイント⑤:短期取引ならペイアウト率は高め

ハイローオーストラリアでは最大取引金額の多さや取引銘柄が多いことで中級者以上のトレーダーが満足できるような業者になっているのではないでしょうか。

また出金手数料が無料なことや短期取引のペイアウト率が最大2.3倍というのも魅力的な点の一つであると言えます。

ハイロー&ザ・オプションを比較!ザ・オプションのおすすめポイントTOP5

続いてザ・オプションのおすすめポイントTOP5を紹介していきます。

ザ・オプションのおすすめポイントTOP5
  • おすすめポイント①:約定力が大きい
  • おすすめポイント②:ペイアウト率が良い
  • おすすめポイント③:キャンペーンがお得
  • おすすめポイント④:デモ画面が使いやすい
  • おすすめポイント⑤:入金方法が4種類も用意されている

ザ・オプションのいい点といえばやはりデモ画面や取引画面が使いやすいという点ではないでしょうか。

インジケーターが取引画面場で使用できるのは初心者にとってありがたい点の一つです。

また約定力の点でもノイズを狙った取引で有効的に取引を行うことができるので、ザ・オプションのおすすめポイントと言えるでしょう。

まとめ:ハイローオーストリアがおすすめ

ハイローオーストラリアでは取引銘柄やペイアウト率の高さが目立ちます。またユーザー数も多いことからハイローオーストラリアを使った方がいいのではないかと思います。

ザ・オプションではデモ画面や取引画面でインジケーターを使用することができ、UIが使いやすいという点が売りのように感じます。

約定力もザ・オプションが強くサーバーが安定しているので、ザ・オプションにもいい点がみられました。

しかし、両者を比較してみるとハイローオーストラリアがやはりおすすめすることができます。

理由としてはペイアウト率が安定して高いこと、取引銘柄が多いことなどトレーダーにとっていいことが多い。という点が決め手です。

トレードを長期的にやると考えるとハイローオーストラリアを使用した取引がいいのではないでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です