バイナリーオプションで両建ては使える?優位性はあるのか検証してみた!

6 min 22 views
バイナリーオプション両建て

バイナリーオプションのエントリー手法の一つである両建て

よくある質問
  • 「バイナリーオプションの両建てってどんな手法?」
  • 「バイナリーオプションで両建ては使えるの?優位性が知りたい」

という疑問はお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションの両建てとは
  • バイナリーオプションの両建てを行うメリット・デメリット
  • バイナリーオプションの両建ての方法
  • 両建てを行うときの注意点

の順で解説していきます。

基本的な取引の知識に加えて、特殊なテクニックが必要になりますので、これを機にしっかりマスターしておきましょう!

バイナリーオプションの両建てとは?

バイナリーオプションにおける両建てとは、「High」と「Low」を同時にエントリーする手法になります。

FXを例に考えてみましょう。

USD/JPY(米ドル)で「買い」と「売り」どちらもエントリー。これが両建ての基本です。

つまり、買いポジションと売りポジションどちらも保有していることになります。

相場が上昇していった場合、売りポジションを損切りして、買いポジションを保有し続ける、もしくは利確。

こうすれば損失の拡大を防ぎながら着実に利益を獲得できるというわけです。

この両建ては、もともとFXの取引でよく使われている手法ですが、最近ではバイナリーオプションでも有効ではないかとなり、使用しているトレーダーも増えてきています。

バイナリーオプションの両建てを行う2つのメリット

そもそもバイナリーオプションにおいて両建てをするメリットがあるのでしょうか。

両建てはもともとFXの取引に使われている手法で、バイナリーオプションで使う人はかなり少ない印象です。

では、バイナリーオプションで両建てを行うメリットについて見ていきましょう。

両建てを行うメリット
  • リスクを最小限にできる
  • 損失額を減らした取引ができる

以上、2つのメリットについて解説していきます。

リスクを最小限にできる

1つ目のメリットは、リスクを最小限に抑えることができることです。

バイナリーオプションは、取引に負けてしまうとBET額が全額没収されます。これが”ハイリスク・ハイリターン”の投資と言われる理由。

未来の相場は誰にも予想することができません。上がるか・下がるかの2択ですが、毎回当て続けることは不可能でしょう。

両建てを行うことで、どちらに動いても対応できるようにリスク分散ができるのです

損失額を減らした取引ができる

2つ目のメリットは、損失額を減らした取引ができることです。

両建てでエントリーすることで、損益は相殺されます。つまり、勝った時の利益もそこまで大きくならないですが、負けたときの損失も最小限にとどめることができるのです。

特に、国内業者でラダー取引をしている場合は両建ては非常に有効で、1勝1敗でも十分プラスにできる可能性があるのでどんどん攻めていきたいところ。

逆にハイローオーストラリアのような海外業者を利用している場合は要注意!

転売を使わなければ確実にマイナスになってしまうので、転売のタイミングをしっかり見極めてできるだけ損失額を抑えるようにしましょう。

両建てのデメリット

両建てはメリットばかりではありません。当然デメリットも存在します。

主なデメリットは、資金管理が大変なこと

バイナリーオプションはFXと違いペイアウト率が決まっています。つまり稼げる金額の上限がすでに決まっているということです。

しかもほとんどのペイアウト率は2.0倍未満

ということは、「High」と「Low」に同じ金額をエントリーしてしまうと確実にマイナスになってしまいます…。

そのため、負けると思った方向をできるだけ早めに転売(損切り)をしてできるだけ利益を残すための資金管理が必要になります。

資金管理が崩れてしまうと逆にハイリスク・ローリターンの投資となってしまうので資金管理の徹底が大変です。

バイナリーオプションの両建ての方法

バイナリーオプションの両建てといっても、相場の状況によって使い分けなければなりません。しっかり現在の相場を見極めて、手法を使い分けていきましょう。

バイナリーオプションの両建ての方法
  • 相場の値動きが大きい時
  • 値動きが小さい時
  • 予想とは逆に動きそうだと感じた時
  • 想定外のトレンドが発生した時

今回は、上記の4つのパターンに分けて両建ての方法を解説していきます。

無理に全ての状況で勝負する必要はありません。自分が得意な相場を見つけて勝負していきましょう!

相場の値動きが大きい時

相場の値動きが大きい場合は、

「現在の価格から最も離れた上・下のオプション」を購入します。

これは、現在価格から離れた目標レートの購入価格が安いので、万が一、予想通りに動かなかった場合のリスク分散のためです。

この方法は、GBPのような値動きが激しい通貨ペアや、ロンドン時間などの出来高が豊富になってくる時間で効果を発揮しやすい傾向にあります。

また、経済指標や要人発言なども強くなりますので、注目していきましょう!

ただ、1つ注意点として、勝率が高くないということは把握しておいてください。

「現在の価格からもっとも離れた上・下のオプション」は購入価格も安く、勝った時のペイアウトも高くなりますが、その分難易度が上がりますので、勝率は高くありません。

購入枚数を増やしすぎるのはやめましょう!

値動きが小さい時

一方、値動きが小さい場合は、

「現在価格の最も近い上・下のオプション」を購入します。

これは、レンジ幅が狭いので、片方が負けても、もう一方は勝つ可能性が高く、両方とも勝つ可能性も秘めているからです。

この方法は、オセアニア系のような値動きが小さい通貨ペアや、日本時間、ニューヨーク時間などの出来高が小さい時間で効果を発揮しやすい傾向にあります。

注意点としては、先ほどと逆で、勝率は高くなりますが負けた場合の損失額も大きくなるということを把握しておいてください。

「現在価格の最も近い上・下のオプション」は、購入金額が高いので、片方の予想が当たった場合でもトータルでマイナスになってしまう可能性も高くなってしまいます。

しっかり相場の状況を把握してからエントリーするようにしましょう。

予想とは逆に動きそうだと感じた時

仮に両建てを目的としない取引でも、自分の予想とは逆に動きそうだと感じた場合は、両建てを検討するのが適切でしょう。

「自分は上がると思ってHighのポジションを保有していたけど下がりそう…」

なんてときはLowのエントリーも行い両建てを行いましょう。

これは本来の両建ての「同時に上下のポジションを保有する」わけではないので損失を最小限に抑えられるかどうかはわかりません。

ただ、両建てをやらないよりはリスク分散になります。

1つ注意点としては、判定時間まで誰もどのように動くかはわからないことです。

予想とは逆に動くと感じて両建てを行ったけど、新たなポジションが負けて、転売したポジションが勝つ。なんてこともあり得ます…。

あくまで予想に過ぎないので両建てを行ったからといって確実に勝てるとは思わないように気をつけてください。

想定外のトレンドが発生した時

想定外のトレンドが発生した場合にも、両建てを検討しましょう

経済指標の発表や要人発言などのファンダメンタルによって相場が大きく動いたときに値動きを予想するのは大変です。

そのような場面では両建てを行い、リスクを分散させることが必須になります。

「トレンド=値動きが大きい」ので、この場合の手法としては、「現在の価格から最も離れた上・下のオプション」というのが有効です。

とはいえ、想定外のトレンドが起きて負けないために常に準備はしておきましょう

毎日の経済指標と要人発言の時間をしっかり把握してからトレードをすることはトレーダーとして当たり前のことなので、準備を怠って負けることがないように気を付けてください!

両建てを行う時の注意点

ここからは、バイナリーオプションで両建てを行う際の注意点について見ていきます。

両建てを行う際の注意点
  • バイナリーオプションの両建ては利益を出すための手法ではない
  • 両建てはどのタイミングでも勝てるわけではない
  • 大きな利益を出すためには多額の資金が必要

以上、3つの注意点について解説していきます。

バイナリーオプションの両建ては利益を出すための手法ではない

まず勘違いしてはいけないのは、バイナリーオプションの両建ては利益を出すための手法ではないということです。

「じゃあなんのために両建てをやるの?」

と思うかもしれませんが、それは、

「リスクと損失額を最小限に抑える、いわば負けない取引」をするため。

「相場が上がるのか、下がるのか、全く予想することができない…」

なんて時こそがバイナリーオプションで両建てを使うポイントになります!

上級者よりもどちらかと言えば、投資初心者の方が使うべき手法です。

勝率を高く保ってどんどん稼いでいきたいという方は、両建てを使わずに、自分の手法を極めていきましょう!

両建てはどのタイミングでも勝てるわけではない

両建てはどのタイミングでも勝てるわけではありません

どちらのポジションも損失になる可能性があることを覚えておいてください。

なぜなら、目標レートを指定した場合、その価格に達しなければ利益確定にならないからです。

特に値動きが大きいから、「現在の価格から最も離れた上・下のオプション」を購入したのに、最終的に目標金額に達しなかったからどちらも損失…。なんてこともあり得ます。

両建てをする際、都合のようにように考えてしまいがちですが、どちらも負けて損失額が大きくなる可能性もあるということを忘れてはいけません!

大きな利益を出すためには多額の資金が必要

ここまでの内容で、バイナリーオプションにおける両建ては、攻めの手法ではなく何方かと言えば守りの手法だということがわかって頂けたと思います。

一般的にバイナリーオプションはハイリスク・ハイリターンの投資と言われていますが、両建てを行うことで、ローリスク・ローリターンの投資にできるというわけですね。

その投資手法で大きな利益を出すためには、1つの方法しかありません。

それはBET額を上げることです。

ただ、資金が少ないのにBET額を上げるのは本末転倒ですから、両建てで大きな利益を出すためには多額の資金が必要になってしまいます。

まとめ

今回はバイナリーオプションの両建てについて解説してきました。

もともとはFXで使われている手法でしたが、最近ではバイナリーオプショントレーダーでも使用する人が増えてきました。

両建てを行うメリットは以下の通り。

バイナリーオプションで両建てを行うメリット
  • リスクを最小限にできる
  • 損失額を減らした取引ができる

両建ては利益を伸ばしていく手法でも、必ず勝つための必勝法でもありません

あくまでリスク・損失額を減らして着実にお金を増やしていくための手法であることを忘れていけません!

特に投資初心者でお金を減らすのが怖いという方は、今回の記事を参考に両建てを使ってみることを強くオススメします!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です