バイナリーオプションでパーフェクトオーダーは使える?順張り手法を紹介!

4 min 129 views
バイナリーオプションパーフェクトオーダー
よくある質問
  • 「バイナリーオプションで人気のパーフェクトオーダーって何?」
  • 「パーフェクトオーダーを使って勝率を上げる方法はあるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • パーフェクトオーダーとは?
  • パーフェクトオーダーの使い方
  • パーフェクトオーダーで気をつけたいこと

の順で解説していきます。

パーフェクトオーダーは、バイナリーオプションだけではなく、FXでもよく使われているほど、人気の手法です。

ただ、初心者の方にとっては、複数の移動平均線を使うので、複雑でいまいち使い方がわからない方も少なくないと思います。

そこで、今回の記事では、パーフェクトオーダーを使うメリットや攻略法について深堀りしていきます。

パーフェクトオーダーとは?

パーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期の3本の移動平均線(MA)が同方向、かつ、交じり合っていない状態のことを指します。

上記の場合、下から、短期→中期→長期の順にきれいに並んでいることが分かると思います。これは、下降のパーフェクトオーダーが成立します。

このパーフェクトオーダーは、上記の画像を見て頂ければわかると思いますが、トレンド時に形成することが多いことが特徴です。

向きだけではなく、順番も重要!

パーフェクトオーダーの基本

上昇トレンドの場合:上から短期・中期・長期
下降トレンドの場合:上から長期・中期・短期

トレンドの向きや強さを把握するために、パーフェクトオーダーはよく使われる指標となります。

パーフェクトオーダーが勝てる理由

では、なぜパーフェクトオーダーが勝てると言われているのか。

それは、バイナリーオプションでパーフェクトオーダーを使うことで、トレンドに沿った方向にエントリーできるからです。

為替相場では、トレンドに逆らった方向にエントリーするよりも、トレンドに沿った方向にエントリーする方が勝率が高くなる傾向にあります。

つまり、パーフェクトオーダーを使うことで、上昇トレンドの場合は、Highエントリー下降トレンドの場合は、Lowエントリーというのを再現できるから勝率が高いわけです。

パーフェクトオーダーの使い方

では、ここからパーフェクトオーダーの使い方について解説していきます。

今回紹介するパーフェクトオーダーに使うインジケーターは、

  • 移動平均線
  • ストキャスティクス

この2つです。
2つのインジケーターに加えて、ラインを引いて分析していくことも可能です。

最初はやることが多くて難しいかもしれませんが、慣れてしまえば単純な手法ですので、これを機に使い方をマスターしていきましょう。

パーフェクトオーダーのインジケーターを設定する

繰り返しになりますが、パーフェクトオーダーでは、3本の移動平均線を使って分析していきます。

さらに信頼性を高めるための方法としてストキャスティクスも使います

まずは、この2つのインジケーターを設定していきましょう。

どちらのインジケーターもデフォルトで入っているので、すぐに実践できます。

それぞれのインジケーターの設定方法に関しては、後々解説していきますので、そちらを参考にしてみてください。

インジケーターの時間足は3種類の設定が可能!

パーフェクトオーダーを攻略する際、上位足の状態を確認することも大切。

普段、5分足を見てトレードするのであれば、15分足、1時間足、4時間足など別の時間足を確認することでさらに勝率を上げることが可能です。

ここで1つ豆知識を紹介しておきます。

豆知識

インジケーターを挿入するときに「表示選択」でインジケーターを挿入する時間足を自由に設定することができます。

デフォルトでは全ての時間足で表示されるようになっていますが、このチェックを解除して表示させたい時間足だけにチェックを入れることで、より分析しやすくなります。

上位足を分析するときはぜひ試してみてください。

ストキャスティクスの設定

まずはストキャスティクスの設定について。

ストキャスティクスとは、一定期間の高値・安値から今の相場が買われすぎなのか、売られすぎなのかを判断するオシレーター系のインジケーターになります。

一般的には80以上を推移している場合は買われすぎ20以下を推移している場合は売られすぎという判断をします。

レンジ相場で逆張りとして使われることが多いですが、今回のようなパーフェクトオーダーでは順張りとしても使うことが可能です。

ストキャスティクスの挿入方法

「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「Stochastic Oscillaor」

ストキャスティクスの設定
  • %K期間:5
  • %D期間:3
  • スローイング:3
  • 移動平均の種別:Simple
  • レベル表示:80、20

ストキャスティクスには、メインとシグナルの2つがありますが、今回の手法に限ってはメインだけの使用になります。シグナルに関しては使用しないので、表示させてなくてもOKです。

移動平均線の設定

移動平均線とは、ある期間の平均値を算出し、それを折れ線グラフで表したトレンド系のインジケーター

機能はシンプルですが、多様性があり人気のインジケーターです。

今回のパーフェクトオーダーでは、移動平均線を3本使って相場の分析をしていきます。

移動平均線の挿入方法

「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」

移動平均線の設定(短期)
  • 期間:25
  • 表示移動:0
  • 移動平均の種別:Simple
  • 適用価格:Close

上記は短期移動平均線の場合の設定になります。

これに加えて、中期、長期の移動平均線を同じように挿入してください。

赤枠で囲った「期間」だけを変更すればOKです。

3本の移動平均線
  • 短期移動平均線:25
  • 中期移動平均線:75
  • 長期移動平均線:100

3本の移動平均線を区別するために、それぞれ色を分けておくことをおすすめします。

パーフェクトオーダーで気をつけたい2つのこと

パーフェクトオーダーがバイナリーオプションの手法としても有効だということは分かって頂いたと思いますが、使う際は以下の2つのことに注意してください。

パーフェクトオーダーを使う際の注意点
  • 上位足のトレンドを把握する
  • レンジ相場での取引は控える

パーフェクトオーダーを使うことである程度の勝率は担保されていますが、この2つを意識するだけで信頼性はさらに高くなります。

では、それぞれ深堀りしていきましょう。

長期足のトレンドを把握する

まず、現在見ている時間足だけではなく長期足のトレンドを把握することです。

なぜなら、長期足も見ておくことで”騙し”を防ぐことができるから

特にバイナリーオプションでトレードする場合、短期取引がメインになりますよね。分析するチャートも1分足や5分足が多くなるでしょう。

短時間の足ほど騙しが多く、長時間の足になればなるほど信頼性が増すということを覚えておいてください。

つまり普段見ている1分足や5分足だけではなく、15分足や30分足、1時間足などの長期の足も見るようにしましょう。

5分足だけがパーフェクトオーダーになっている状態よりも、5分足、15分足、30分足、1時間足全てが同じ方向にパーフェクトオーダーになっている方が信頼性が高くなります。

レンジ相場での取引は控える

2つ目の注意点はレンジ相場での取引は控えましょうということ。

パーフェクトオーダーは、トレンド相場での順張りが有効な手法です。

レンジ相場の場合、移動平均線の方向が横ばいで交じり合っているので、パーフェクトオーダーになりづらく、一時的な騙しの可能性が高いので、勝率も高くありません。

取引の基本

レンジ相場:逆張り
トレンド相場:順張り

トレンドが強い時ほどパーフェクトオーダーが有効になり、勝率が高くなりますので、レンジ相場では触れないようにしましょう。

まとめ

今回は、バイナリーオプションでも人気のパーフェクトオーダーに関して解説しました。

結論から言うと、バイナリーオプションでパーフェクトオーダーは有効な手法だと言えます。なぜなら、トレンドに沿った方向にエントリーできるからです。

しかも、手法に関しても比較的わかりやすいので、初心者の方でも十分に使いこなせます。

今回は、移動平均線+ストキャスティクスの手法を紹介しましたが、工夫すれば色々な使い方ができるのがパーフェクトオーダーの特徴です。

一般的な使い方に加えて、

  • 上位足のトレンドを把握する
  • レンジ相場での取引きは控える

この2点に注意すれば、さらに信頼性が増し、勝率も高くなるのでぜひ試してみることをおすすめします。

今回紹介したパーフェクトオーダーを使ってトレンドを攻略していきましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です