【勝率アップ】一目均衡表を使ったバイナリーオプション手法まとめ

5 min 487 views
バイナリーオプション一目均衡表

バイナリーオプションで人気のテクニカル指標である一目均衡表。

よくある質問
  • 「一目均衡表ってどんなインジケーターなの?」
  • 「具体的にどのように使えば良いの?」

という疑問はお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションの一目均衡表って何?
  • バイナリーオプションの一目均衡表の設定方法
  • 一目均衡表を使った2つのポイント

の順で解説していきます。

たくさんの言葉や線が出てきて複雑なインジケーターではありますが、使いこなすと大きな武器になりますので、是非最後までご覧ください。

バイナリーオプションの一目均衡表って何?

一目均衡表とは、日本の投資家である細田悟一(ペンネーム:一目山人)が開発したトレンド系のインジケーター

MT4にある、RSIやボリンジャーバンドなどの数多くのインジケーターは海外の投資家が開発したものですが、この一目均衡表は数少ない日本人が開発したインジケーターになります。

一目均衡表を使った分析方法は、株式投資だけではなくバイナリーオプションにも有効的です。

一般的なテクニカル指標とは異なり、一目均衡表は”時間”を軸に分析をすることが特徴。

現在足の時間軸だけではなく、過去の時間軸に遡って計算する新しいインジケーターになります。

他のインジケーターとは違う目線で相場を分析することができるので、数あるインジケーターの中でもかなり上位人気のインジケーターであることは間違いありません。

一目均衡表は5つのラインで構成

前述しましたが、一目均衡表は5つのラインで構成されています。

一目均衡表の5つのライン
  • 基準線:過去26日間の最高値と最安値の中心線を結んだ線
  • 転換線:過去9日間の最高値と最安値の中心線を結んだ線
  • 先行スパン1:基準線と転換線の中心を26日分先行させた線
  • 先行スパン2:過去52日間の最高値と最安値の中心を26日分先行させた線
  • 遅行スパン:当日の終値を26日前に表示させた線

他のインジケーターと比べても、線の数が多く計算式も複雑ですよね。

さらに、先行スパン1と先行スパン2の間を「雲」と呼び、バイナリーオプションで一目均衡表を使う際によく使われるので、ぜひ覚えておきましょう!

基準線

基準線とは、その名の通り基準となる線で一目均衡表で最も重要視される線です。

計算式

基準線=(過去26日間の最高値 + 過去26日間の最安値) / 2

相場の平均的な価格を示す線なので、26日間移動平均線の動きに似ています。

この基準線の上を推移している場合は上昇傾向、基準線の下を推移している場合は下降傾向にあるという判断ができます。

つまり、この基準線を見ることで、現在の相場が上昇したがっているのか、それとも下落したがっているのかを瞬時に判断できるということです。

転換線

転換線とは、基準線と比較して使う線で、短期間における高値と安値の平均値を示します。

計算式

基準線=(過去9日間の最高値 + 過去9日間の最安値) / 2

基準線と基本的な計算式は同じです。

基準線との違いは期間。基準線は26日間の平均値に対して、転換線は9日間の平均値になります。

短期間の平均値を示すので、バイナリーオプションのような短時間の値動きを予想する投資には必要不可欠の指標です。この基準線は直近の値動きに集中できる半面、期間が短いので騙しにも遭いやすくなってしまいます

騙しに遭わないためにも基準線とうまく組み合わせて使うことが重要です。

先行スパン1

先行スパン1とは短・中期的なトレンドを示す線

短期的な転換線(9日間)と中期的な基準線(26日間)の平均値26日先に記入させます。

計算式

先行スパン1 = (転換線+基準線) / 2 を26日先に記入

このあたりから、計算式がややこしくなり嫌になってくるかもしれません。

要は、移動平均線を26日遅れに表示させているようなものです。この時間軸のずれから未来の相場を予想していきます。

先行スパン2

先行スパン2とは、長期的なトレンドを示す線のこと。

過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に記入します。

計算式

先行スパン2 = (過去52日間の最高値 + 過去52日間の最安値)/ 2を26日先に記入

先行スパン2も先行スパン1と同様に、時間軸をずらして26日先に線を表示させるのが特徴です。

こちらは長期的に上昇、下落、どちらが強いのかを過去の相場から判断します。

遅行スパン

遅行スパンとは、現在と過去の値動きを比較するための線のことです。

現在足と26日前を並行に移動させてローソク足と比較します。

計算式

遅行スパン = 当日の終値を(現在足を含む)26日前に記入

当日の遅行スパン > ローソク足 :強気

当日の遅行スパン < ローソク足 :弱気

一般的にはこのように判断できます。

バイナリーオプションの一目均衡表を設定しよう

では、実際に一目均衡表をチャート上に設定してみましょう。

一目均衡表の設定方法

「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」

パラメーター
  • 転換点:9
  • 基準線:26
  • 先行スパンB:52

パラメーターに関してですが、上記のようにデフォルト値でOKです。

この手順で進めていけば一目均衡表が無事MT4上に設定できたと思います。

バイナリーオプションの一目均衡表と雲の見方

では、実際にバイナリーオプションにおける一目均衡表と雲の見方について紹介していきます。

まず一目均衡表は線が多くて混乱してしまうと思うので、まずはどの線が何を示しているのかをしっかり把握するようにしてください。

そして、線が多すぎてよくわからないという方は、まずは「雲」だけを使えばOK。

雲を使うことで、現在の相場の状況を簡単に把握することができ、エントリーポイントも明確になります

実際に雲だけを使ってトレードしている人も多いので、ご安心ください。

一目均衡表の雲が表すものとは

一目均衡表とセットでよく出てくる単語として「雲」というものがあります。

一目均衡表の雲とは、先行スパン1と先行スパン2に挟まれている領域のことです。

先行スパンというのは、現在から未来に向けての線なので、短期的な値動きを予想するバイナリーオプションにおいては非常に有効。

雲の厚さや雲とローソク足の関係性に注目することで、

現在の相場の状況を把握でき、エントリーポイントも明確になるというメリットがあります

初心者の方は、他の線を使わずに、この雲だけで高い勝率を出すことも可能なので、ぜひ”雲”に注目していきましょう。

雲の設定方法

では、一目均衡表の雲を設定させていきましょう。

一目均衡表の設定方法

「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」

この手順で進めていきます。

そして「色の設定」をご覧ください。

  • 雲(上昇)
  • 雲(下落)

これらの項目で雲の設定をしていきます。

色の変更や線のスタイルなどを自分好みに設定してください。特にこだわりがない方はデフォルトの設定で大丈夫です。

雲だけを表示する方法

他のラインが多すぎて分析しづらい場合は雲だけを表示させることも可能です。

一目均衡表をMT4に表示させる際、「色の設定」で変更していきます。

もう一度先ほどの手順で進んでいただき、「パラメータ設定」の画面から「色の設定」に切り替えてください

雲だけを表示する方法
  • 転換点:None
  • 基準線:None
  • 遅行スパン:None

上記の3つの色を「None」にしてください。

こうすることで、上記の3つの線は表示させないことになりますので、雲だけ表示することができるのです。

一目均衡表の雲を使った2つの攻略ポイント

ここまでは一目均衡表と雲の基本的な見方について解説してきました。

ここからは、一目均衡表を使ってバイナリーオプションで成果を出すために必要な2つのポイントについて解説していきます。

一目均衡表を使った2つのポイント
  • エントリーするのは雲を抜けた瞬間
  • 雲の中にチャートがある時

上記の2つ。

今回は、一目均衡表の雲だけを使った手法になりますので、初心者の方でも簡単に使いこなすことができます。

ぜひ、2つのポイントを理解して、バイナリーオプションを攻略していきましょう。

エントリーするのは雲を抜けた瞬間

一目均衡表は、トレンド系のインジケーターなので基本的に順張りとして使っていきます。

ローソク足が雲の上を推移:上昇トレンドを形成

ローソク足が雲の下を推移:下降トレンドを形成

このような見方ができます。

つまり、エントリーするタイミングはこの雲を抜けたタイミングです。

雲を使ったエントリー手法
  • ローソク足が雲の上に抜けた場合:Highエントリー
  • ローソク足が雲の下に抜けた場合:Lowエントリー

この際、雲の厚さにも注目していきましょう。

雲の厚さは抵抗の強さを示しています

厚い雲を抜けた場合は、強いトレンドになる可能性が高いことから強気で狙っていきたい場面、逆に、薄い雲を抜けた場合は、抜ける力が弱く騙しの可能性が高くなります。

雲の中にチャートがある時

雲の中にチャートがある場合、相場は停滞することが多くなります。

雲の中にチャートがある=レンジ相場

という認識でOK。

特に、日本時間や深夜、早朝に起きることが多いですね。

先程紹介した雲を抜けた瞬間に順張りを使って攻略していく場合、雲の中にチャートがある場合、暇な相場になります。

雲の中にチャートがある場合、しばらくチャンスがないことが多いので、一旦相場から離れても良いでしょう。

現在のローソク足と雲の関係性を見ながら、オンとオフを切り替えてトレードすることが大切です。

まとめ

今回は、バイナリーオプションにおける一目均衡表の使い方を解説しました。

一目均衡表は、株式投資だけではなくバイナリーオプションでも非常に人気のインジケーターです。

バイナリーオプションで一目均衡表を使うメリット
  • エントリーするタイミングが把握しやすい
  • 相場の状況を判断しやすい

などが挙げられます。

たくさんの線があって使いこなすのが難しいという方でも、「雲」だけを表示させて分析していけばそこまで難しくありません

ぜひ、今回紹介した使い方を参考に一目均衡表を使いこなしてみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です