ハイローオーストラリアが日本から撤退?噂の真偽を調べてみた!

4 min 100 views
ハイロー日本撤退

「ハイローオーストラリアが撤退する噂は本当なのか?」

よくある疑問
  • 「ハイローオーストラリアって撤退するの?」
  • 「どうしてハイローオーストラリアが撤退?」


という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではハイローオーストラリアが撤退するという噂について解説していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • ハイローオーストラリアが撤退すると噂になった5つの原因
  • ハイローオーストラリアの会社が変更になった理由

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、ハイローオーストラリアの撤退の噂の原因が明らかになるので、まずはご一読を!

ハイローオーストラリアの撤退は本当にあるのか?

まず結論から言うと、

ハイローオーストラリアの撤退は現時点ではありません。

ハイローオーストラリアの撤退するという情報は、公式サイト上にどこにも掲載されていないです。

また、ハイローオーストラリアが何か撤退せざるをえないようなことも現時点では何もありません。

しかし、ハイローオーストラリアが撤退という噂が出ていることも事実。

【ハイローオーストラリア撤退という噂が出たのにはさまざまな原因がある】と考えられています。

そのなかでも、ハイローオーストラリアが撤退と言う噂が広まった原因であろうかなり有力な情報を5つ解説していきます。

ハイローオーストラリアが撤退すると噂になった5つの原因

ハイローオーストラリアが撤退すると噂になった5つの原因を解説します。

ここで紹介する噂は実際に起こった事実から推測されたもの

実際にハイローオーストラリアへの影響が起こりそうなことばかりですが、全て推測レベルの話です。

「もしかしたらハイローオーストラリアが撤退するのかも。」

と思うかもしれませんが、ハイローオーストラリアが撤退する理由になるものは何一つありません。

よって、ハイローオーストラリアが撤退すると噂になった5つの原因が直接関係ないことを解説します。

日本国内でバイナリーオプションの法改正

まず初めに、2013年に日本国内でバイナリーオプションの法改正があったことが挙げられます。

2013年に法改正が行われる前までは、日本でも海外バイナリーオプションとあまり変わらないルールで取引可能だったのです。

しかし、2013年の法改正後では、さまざまな規制によりバイナリーオプション取引が別物かのような取引になってしまいました。下の表をご覧ください。

2013年法改正前2013年法改正前
口座登録を行うと即取引可能投資に関するテストに合格しなければ取引が出来ない
短期取引ができる短期取引ができなくなる。連続取引には2時間以上の間隔が必要
取引方法も指定時間までに為替レートが上がるか下がるかを予想するだけゴールの目標を決める必要がある

このようにかなり厳しい法改正だったため、ハイローオーストラリアの撤退という噂が広まりました。

ハイローオーストラリアの会社のURLが変更に

またハイローオーストラリアのURLが変更になったことも撤退の噂となった原因の一つとなっているようです。

ハイローオーストラリアでは運営会社が変わったことで、公式サイトのドメインが変更になりました。

確かにユーザーからしたら、「何か問題が起こったのではないか?」と思うのも不思議ではありません。

しかし、【URLが変わる】ということはよくあること。

ドメイン提供会社の問題やレンタルサーバーの影響によるURL変更もよくある話です。

バイナリーオプション業者が日本から撤退

2013年の法改正後、多くの海外バイナリーオプション業者に撤退勧告が出されました。

バイナリーオプション取引だけでなく、投資に関する金融サービス業者の撤退も相次ぎました。

フォレックス・マグネイト」という海外ニュースの記事でも日本の規制に伴い、オーストラリア系金融サービスもサービス禁止を計画している。というような記事を報じています。

日本の規制により、海外のバイナリーオプション業者が撤退という形になったので、ハイローオーストラリアも撤退。といった噂が広まったというわけです。

オーストラリアでバイナリーオプションの規制が強化

2019年の後半に、オーストラリアで「バイナリーオプションの禁止及びCFDの取引制限に関する規制策案」という規制策が発表されました。

ASICというオーストラリア証券投資委員会により発表された規制策で、ハイローオーストラリアはオーストラリア内に運営拠点を置けなくなったというわけです。

オーストラリアでの規制策で、SNS上でハイローオーストラリア撤退の噂がかなり広まりました。

しかし、ハイローオーストラリアは規制策に対応する対策として、運営拠点をオーストラリアからマーシャル諸島共和国に移しました。

運営拠点を移すことで、ハイローオーストラリアは運営を継続することができています。

欧州でのバイナリーオプション取引が禁止に

2016年にベルギーとオランダでバイナリーオプションの禁止が決定されました。

この決定がきっかけで、欧州でのバイナリーオプション取引を禁止にする動きが始まったというわけです。

そして、2018年に欧州を統括しているESMA(欧州証券市場監督局)がバイナリーオプションを全面的に禁止にしました。

この決定にはSNS上も「ついに撤退か」という声が多く、ハイローオーストラリア撤退の噂が広まりました。

しかし、ハイローオーストラリアはこの時も撤退することなく、運営を継続しています。

ハイローオーストラリアの会社が変更になった理由

ではハイローオーストラリアの会社が変更になった理由とはなんなのでしょうか?

会社が変更するということは一般企業の中では、よくあることではありません。

SNS上ではハイローオーストラリアの会社変更についてさまざまな噂や憶測が飛び交っています。中にはなんの根拠のない意見まで存在します。

今回は、【ハイローオーストラリアの会社が変更になった】とされる有力な理由を二つ解説していきます。

根拠を元に解説していくので、かなり有力ではないかと考えられるでしょう。

日本政府からの圧力によるもの

一つ目の理由として、日本政府からの圧力。つまり金融庁からの圧力が理由とされています。

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録されていない業者のため、バイナリーオプション取引で日本の規制が適用されていません。

しかし、【ハイローオーストラリアのサービスを使用する日本人トレーダーは多い。】という現状があります。

金融庁としては日本人がバイナリーオプションで被害に逢うことを避けたいという思いはもちろんありますよね。

この現状に金融庁がハイローオーストラリアに圧力をかけたことにより、【会社が変更になったのではないか】とされています。

税金対策によるもの

二つ目の理由としては、ハイローオーストラリアの会社変更先がマーシャル諸島共和国だということです。

マーシャル諸島共和国は税率がかなり低い「タックスヘイブン」という国・地域です。

つまり税金対策ができる。という理由です。

ハイローオーストラリアも一つの会社として利益を上げようと思っていると思うので、税金対策は必須と考えられます。

税金対策ができるのであれば、ハイローオーストラリア側にとってもメリットが大きいので会社変更を行ったのだと考えられるでしょう。

まとめ:ハイローオーストラリアが撤退する可能性は低い

ハイローオーストラリアはこれまでも日本の圧力や、オーストラリア国内のバイナリーオプション禁止などさまざまな困難がありました。

しかし、ハイローオーストラリアはさまざまな困難に対して、解決策をその度に行ってきて運営することができています。

この先に予期せぬ圧力やイベントがハイローオーストラリア側に降りかかった。というような場合でも、ハイローオーストラリアは解決能力があります。

また、圧力をかけるようなところがもうあまり見当たらないという理由で、ハイローオーストラリアの撤退の可能性は低いのではないかと考えられるでしょう。

【年間勝率60%】サインツールを無料プレゼントしています!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です