【儲かる?】ハイローオーストラリアの転売は使うべき?攻略法は存在するのか

5 min 19 views
ハイローオーストラリア転売

「ハイローオーストラリアで転売を使ったほうがいいの?」

よくある疑問
  • 「ハイローオーストラリアの転売ってなんですか」
  • 「ハイローオーストラリアで転売のメリットは?」
  • 「ハイローオーストラリアの転売で勝つことができるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなハイローオーストラリアでの転売というお悩みを解決します。

具体的には

ハイローオーストラリアの転売の内容や、転売するメリットでメリット、転売可能な取引の種類などを紹介していきます。

3分くらいで読めますし、取引が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ハイローオーストラリアの転売とは?

ハイローオーストラリアの転売とは、取引のエントリーをした後で本来の判定時刻がくる前に取引を決定させるサービスです。

FXでいう損切りや利確のような機能のことを指します。

ハイローオーストラリアの転売機能を用いることで、本来の判定時刻がくる前に取引を終了させることが可能。

ただ、ハイローオーストラリアで転売を使用するには転売方法や転売するための条件などが必要となります。

それではハイローオーストラリアでの転売の詳しいところをみていきましょう。

ハイローオーストラリアの転売方法

ハイローオーストラリアでの転売方法はバイナリーオプション取引のエントリーを行なった後に転売を行います。

ハイローオーストラリアの公式サイトを使った取引ではPCとスマホでユーザーインタフェイスが同じではありません。

具体的にいうと、スマホ版の方がハイローオーストラリアでの転売において手順が多いです。

PCやスマホのユーザーインターフェイスでの転売方法があるのであなたにあった端末の転売方法を参考にしてください。

PCを使った転売方法

ハイローオーストラリアのPCを使用した場合の転売方法を紹介します。

まずはこちらの画像をみてください。

バイナリーオプション取引でHIGHでのエントリーをします。

すると、こちらの画像をみると下に転売するボタンが出てきます。

転売ボタンを押すと転売時ペイアウト率を確認することができる画面が下のように出てくるので、傾向を見ながら利確や損切りを行いましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-05-04-15.00.54-4.png

ハイローオーストラリアのクイックデモを用いた取引でも転売することができるのでまずは転売の仕方を試してみるのがいいのではないでしょうか。

スマホ(iPhone・android)を使った転売方法

スマホを用いた取引はユーザーインターフェイスがレスポンシブデザインが適用されているため少し異なります。

こちらの画像をみてください。まずは取引でHIGHを選択するとします。こちらのボタンをタップしてください。

次に購入オプション詳細をタップを選択します。

すると下の画像のような画面になるのでこちらをタップしていきましょう。

下の画像で転売金額が変わっています。これは転売ペイアウト率がチャート変動によって変わることを指すので覚えておいてください。

タップしたのちに「承認する」のボタンが出てくるのでタップしましょう。

PC版でも確認することができたように、スマホ版でも転売の価格が確認できます。

このような手順で行うとこちらの下の画面のとおり転売に成功していることがわかるでしょう。

スマホ版の取引はブラウザ上で取引するか、アプリで取引するかどうか選ぶことができます。

しかし、アプリで取引する場合はAndroidOS専用のアプリでしか取引することができないので注意が必要でしょう。

転売のメリット・デメリット

ではハイローオーストラリアの転売メリットとデメリットについて紹介していきます。

ハイローオーストラリアの転売にも使用者によってメリットが大きい場合や、デメリットしかない場合があります。

転売は人によって使うかどうか決まってくるというわけです。

ハイローオーストラリアの転売のメリットとデメリットを見比べてみてあなたに合うかどうか確かめましょう。

ハイローオーストラリア転売のメリット

ハイローオーストラリア転売のメリットは大きく二つあると言えます。

ハイローオーストラリアの転売メリット
  • 判定時間がくる前に利確や損切りを行うことができる
  • 間違った取引を行なってしまった場合、資金回収ができる

損切りはメリットということができるかもしれませんが、利確はペイアウト率が下がってしまうので場合によってはデメリットかもしれません。

間違った取引をしてしまった場合、少しでも資金を回収することができるかもしれないというメリットがあります。

転売自体にメリットが少ないと考える人もいるというのがハイローオーストラリアの転売です。

ハイローオーストラリア転売のデメリット

ハイローオーストラリア転売のデメリットは大きく二つあります。

ハイローオーストラリア転売のデメリット
  • 獲得するはずの利益が下がってしまう
  • 最大期待値を追うことができない

転売を使用してしまうと、判定時刻がくる前に取引を終了することになるので、もっと利益が出るはずの取引を途中で終了させてしまうかもしれません。

また転売の最大のデメリットは最大の期待値を追うことができなくなるということです。

転売を行うことでペイアウト率が下がってしまうので、期待値が追えないのも当然です。

最大期待値を追っている人は転売を行うことのデメリットが大きいのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアの転売可能時間

ハイローオーストラリアでの転売は取引時間のいつでも転売することができるというわけではありません。

ハイローオーストラリアでは判定時刻の1分前までしか転売を行うことができないのです。

もしも15分取引を行なった場合の転売は14分を超えてしまった場合、転売を行うことができません。

ハイローオーストラリアの取引で転売を行うことを前提としている場合は、取引時間に注意して転売するようにしましょう。

特に損切りする場合は、取引時間が経過することで大きな損失になってしまう場合があるので気をつけてください。

ハイローオーストラリアの転売可能な取引は5種類

ハイローオーストラリアでの転売についてメリットやデメリットがあり、転売可能時間まで理解することができました。

ではハイローオーストラリアで転売可能な取引はどんな取引なのでしょうか。

ハイローオーストラリアでは取引方法がいくつかありますが、転売ができる取引は5種類の取引のみとなります。

転売することができる取引とできない取引を解説するので理解していきましょう。

転売できる取引

ハイローオーストラリアで転売できる取引は次の5種類となります。

ハイローオーストラリアで転売できる取引
  • 3分取引
  • 5分取引
  • 15分取引
  • 1時間取引
  • 1日取引

ハイローオーストラリアでは「HighLow」、「HighLowスプレッド」、「Turbo」、「Turboスプレッド」の取引があります。

「HighLow」「HighLowスプレッド」の取引では全ての取引で転売することができる。ということです。

転売できない取引

気をつけなければいけないのは、転売できない取引の種類を理解することです。

こちらの二種類をみてみましょう。

ハイローオーストラリアで転売できない取引
  • 30秒取引
  • 1分取引

ハイローオーストラリアでの取引で「Turbo」「Turboスプレッド」の二種類の中の取引に該当します。

ハイローオーストラリアで転売できない取引は先ほど説明した通り判定時刻1分前までに取引終了することができません。

取引時間が1分以上ないので、転売することができません。

Turbo」「Turboスプレッド」を行う時は注意しましょう。

ハイローオーストラリアの転売時のペイアウト

ハイローオーストラリアでの転売を使用するときのペイアウト率についてみてきましょう。

ハイローオーストラリアで転売を行うとペイアウト率が下がってしまいます。

先ほども述べたように、ハイローオーストラリアの転売時ペイアウト率はチャート変動によって変化します。

具体的にはこちらの画像で確認することができるように、チャート変動は確認できるということです。

しかし、ハイローオーストラリアの転売時にペイアウト率が下がることには変わりないので注意しましょう。

期待値を追う人にはあまり向いていない機能といえるので注意してください。

ハイローオーストラリアの転売するタイミング

ハイローオーストラリアでの転売を行うタイミングについては2つのポイントがあります。

転売するポイント
  • 重要なイベント前にエントリーした時
  • サインツールのシグナルが消えた状態でエントリーした時

重要なイベント前にエントリーした場合、為替が大きく動く可能性があり、本来の取引とは少し異なってしまいます。

つまり転売することで損切りすることができるということ。

またサインツールのシグナルが消えた状態でエントリーしてしまった場合も、取引の予測を行なっていないので転売するタイミングと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの転売は負ける確率が高い

ハイローオーストラリアの転売は負ける確率が高いです。

負ける確率が高い大きな原因はペイアウト率が低いわけです。

ペイアウト率が低いということは利益も低くなるので負ける確率も高くなるでしょう。

また転売攻略方法として、全損を抑える目的の転売や同時エントリーの転売もあります。

しかし全損を抑える目的の取引も予想とは逆に動くこともあるので、期待値を追うことはできません。

そして同時エントリーの転売(HighとLowに同時エントリーをしておいて、利益が出たタイミングでそれぞれ転売)もタイミングを合わせる必要があります。

毎回タイミングを合わせることは不可能に近いので、期待値が下がってしまいます。

よってハイローオーストラリアの転売は負ける確率が高いわけです。

まとめ

ハイローオーストラリアは転売という機能があり、メリットがあればデメリットもあることがわかりました。

転売しようと思っても取引時間によって転売できないこともあるので注意が必要です。

またハイローオーストラリアの転売では勝てる確率が非常に低いです。

全損を抑える目的の転売や同時エントリーの転売も攻略方法を使用することがかなり難しいことが事実

損切りをする時や間違ったエントリーをしてしまった時に転売を使用することが有力であると考えるので、使用方法に関しては理解しておきましょう。

【年間勝率60%】サインツールを無料プレゼントしています!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です