【レート操作?】ハイローオーストラリアとMT4のチャートのズレるときの対策

5 min 79 views
ハイローMT4
よくある質問
  • ハイローオーストラリアとMT4のレートが全く違うんだけど原因は?
  • レートのズレが生じないようにするための解決策はあるの?

という疑問をお持ちではないですか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • ハイローオーストラリアのMT4とは?
  • ハイローオーストラリアとMT4のチャートにズレが生じる4つの原因
  • ハイローオーストラリアとMT4のズレに対応する5つの方法

の順で解説していきます。

多少のレートのズレによって稼げるか・稼げないかに大きく影響しますので、ぜひ最後まで読んでいただき対策してください。

ハイローオーストラリアのMT4とは?

まずはMT4について簡単に解説しておきます。

MT4とはロシアのMetaQuotes社が開発したFX取引用のプラットフォームです。

本来はFXの取引に使用されるのですが、バイナリーオプションの分析用としても非常に人気のツールとなっています。

デフォルトで多くのテクニカル指標が搭載されており、イローオーストラリアを攻略するのにMT4なしではほぼ不可能と言えるでしょう。

登録や使用するためのお金は一切かかりません。デモ口座であれば面倒な本人確認などもないのですぐに使用することができます。

ハイローオーストラリアとMT4のチャートにズレが生じる4つの原因

では、なぜハイローオーストラリアとMT4のチャートにズレが生じてしまうのでしょうか。

考えられる原因は以下の4つです。

チャートにズレが生じる4つの原因
  • レートを提供している配信元が異なる
  • スプレッドが発生するため
  • ネット環境が整っていない
  • 使用するPCやスマホの性能が低い

※個人に原因があるのか・仕様上仕方ないのかをはっきりさせておくことが解決のヒントになります。

以上、4つの原因について、それぞれ深掘りしていきましょう。

レートを提供している配信元が異なる

1つ目の原因は、「レートを提供している配信元が異なるため」です。

MT4の価格は、配信元(レート提供会社)からレートを提供してもらい、それを表示させています。

そして、その配信元であるレート提供会社は、価格を独自に決定しているんです。レートを提供している配信元が異なっていれば、当然MT4の価格にもズレが生じますよね。

仮に、自分が使用しているMT4と、ハイローオーストラリアの配信元(レート提供会社)が異なればズレが生じるのは必然です。

特に深夜帯は、これが原因でズレが生じることが多くなります。

スプレッドが発生するため

2つ目の原因は、「スプレッドが発生するため」

このスプレッドとは、HighLow取引において生じる価格差のことを指します。

まずは下記の画像をご覧ください。

注目して頂きたいのは画面上記の赤枠・青枠で囲った部分の価格です。

合計3つの判定時刻がありますが、左から

  • 1.79402
  • 1.79399
  • 1.79399

この通り。

1つの判定時刻に一定金額以上のエントリーが入ると他の判定時刻との価格差が生じてしまいます…

このように、ハイロ―オーストラリア独自のルールでスプレッドが発生するので、その結果、MT4とのズレが生じるのでしょう。

ネット環境が整っていない

3つ目の原因は「ネット環境が整っていないため」です。

要はネットの回線速度が遅いことが原因でレートの更新が遅れその結果、レートがズレていると感じることを指します。

更新の遅れなので、実際にレートがズレるわけではありません。

バイナリーオプションは超短期取引に分類されるので1秒の遅れが命取りになります。どの投資よりもスピードが必要ですので、ネット回線に妥協は許されません。

「約定が1秒遅れてしまったせいで負けてしまった…。」

なんてこともあり得ます。

だからこそ、ネット環境を整えることが必須と言えるのです。

使用するPCやスマホの性能が低い

4つ目の原因は「使用するPCやスマホの性能が低いため」です。

PCやスマホの性能が低いと全ての処理が遅くなって、MT4のレートの更新が遅れてしまい、チャートのズレが生じてしまう可能性があります。

こちらも先ほどのネット環境同様、更新が遅れているだけで性能が低いからレートが変わるわけではないので間違えないでください。

性能が低いと、同時に複数のMT4を起動させたり、インジケーターやサインツールなどを挿入しすぎることで、処理が追いつかない可能性が出てきてしまいます。

ハイローオーストラリアとMT4のズレに対応する5つの方法

ここからは、ハイローオーストラリアとMT4のズレに対応する5つの方法をご紹介していきます。

ハイローオーストラリアとMT4のズレに対応する5つの方法
  • スプレッドが発生しないTurboを使用する
  • 使用するサーバーを変更する
  • 追加しているインジケーターを減らす
  • 高性能のパソコンを使用する
  • ネット回線の速度を変更する

以上、5つの対処法について解説していきます。

まずは、自分自身の原因を見つけてそれにあった対処法を探してみてください。

スプレッドが発生しないTurboを使用する

1つ目の対処法は「スプレッドが発生しないTurboを使用する」こと。

ハイローオーストラリアには、大きく分けて「HighLow」「Turbo」の2つの取引オプションがあります。

主な取引オプション
  • HighLow:あらかじめ判定時間が決められている
  • Turbo:判定時間が決まっていない。エントリーしたタイミングが基準

HighLowは、先程も説明した通り、トレーダーにとっては不利なスプレッドが発生してしまいます。それに対して、Turboは、判定時間が決められていないのでスプレッドは発生しません。

ですので、スプレッドが発生しないTurboを使用するのもひとつの手かもしれませんね!

Turboには取り扱っている通貨ペアが少ないというデメリットもありますが、スプレッドが発生しないのでHighLowよりも勝率が高くなるというメリットもあります。

使用するサーバーを変更する

2つ目の対処法は「使用するサーバーを変更する」こと。

上記で説明した言葉を使うと、

「ハイローオーストラリアと同じ配信元(レート提供会社)のMT4を使う」

ということですね。

下記の画像をご覧ください。

ハイローオーストラリアのレートの配信元
  • FXCM社
  • LMAX社
  • BitMEX社

上記の3つの中で使いやすいのはFXCM社でしょう。

【FXCMのダウンロードはこちらから】

ハイローオーストラリアも合計3社のレートを採用しているので、完璧にズレを失くすということは難しいかもしれません。

とはいえ、FXCMを使用していれば大きなズレは無くなるので、これを機にサーバーを変更してみることをおすすめします。

追加しているインジケーターを減らす

3つ目の対処法は「追加しているインジケーターを減らす」こと。

インジケーターは相場の分析に必須ですが、MT4に入れすぎてしまうとかなり重くなってしまいます。

なぜなら、インジケーターは、ローソク足(ティック)が動く度に毎度計算するプログラムになっているからです。

高性能のパソコンを使用していたり、ネット回線が早い方はそこまで影響しないかもしれません。とはいえ、インジケーターを入れすぎるのはあまり好ましくないでしょう。

1つのMT4に入れるインジケーターの数は多くても3つまでに抑えることを推奨しています。

また、MT4に表示されるローソク足の数もかなり影響するので、確認しておきましょう。

ツール→オプション→チャートの順で進んで「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」を見てください。

トレードする上では、そこまで必要ありませんので、1,000〜3,000程度で十分でしょう。

高性能のパソコンを使用する

4つ目の対処法は「高性能のパソコンを使用する」こと。

トレードにおいて、パソコンやスマホや大切な商売道具です。

高性能のパソコンを使用することでチャートのズレに対応できる可能性があります。

高性能のパソコンや最新のスマホを買うのは金銭的に大変かもしれませんが、トータルで考えた時に効率が良いのは間違いありません。

パソコンのせいで本来勝っていた取引が負けた…なんてこともあり得ますからね。

思い切って高性能なパソコンやスマホを購入することをおすすめします!

最低限必要なスペック
  • CPU:Core i3
  • メモリ:4GB
推奨(理想)スペック
  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB

ネット回線の速度を変更する

5つ目の対処法は「ネット回線の速度を変更する」こと。

ネットの回線速度を見直して、早くなればズレに対応できる可能性が高いのでぜひ試してみてください。

まずはこちらで現在の回線速度を計測してみましょう。(時間によっても異なりますのでご注意ください)

【回線速度の計測はこちら】

回線速度の目安
  • 最低限必要な速度:30Mbps
  • 推奨(理想)速度:100Mbps以上

無線ではなく有線で接続することで回線速度が早くなりますので、できれば有線接続にしてみてください!

それでも早くならない場合は、VPSの導入も検討してみることをおすすめします。

まとめ

今回はハイローオーストラリアとMT4のチャートのズレについて解説してきました。

結論から言いますと、

ハイローとチャートのズレを完全に解消することは難しいでしょう。

今回、ズレが生じる原因を4つ挙げてきましたが、この中にはどうしても対処できないところが存在するからです。

ハイローオーストラリアというプラットフォームが独自のレートを採用している可能性も高く、仮にそうであった場合は、もうどうしようもありません。

完全にズレを解消することは難しいかもしれませんが、今回紹介した5つの対処法を参考にしながらできるだけの努力はしていきましょう!

加えて、獲得pipsの大きいロジックを使うなどして、多少のズレが生じても勝率を下げない工夫をすることが大切です!

【年間勝率60%】サインツールを無料プレゼントしています!

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です