ダウ理論とは?バイナリーオプションへの活用方法を徹底解説

6 min 82 views
バイナリーオプションダウ理論

株式市場・為替市場において相場分析の基礎となるダウ理論。

よくある質問
  • そもそもダウ理論ってなに?
  • バイナリーオプションでダウ理論は使えるの?

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションのダウ理論とは?
  • ダウ理論の6つの基本原則
  • バイナリーオプションでダウ理論を使用する方法

の順で解説していきます。

覚えることが多く最初は大変かもしれませんが、バイナリーオプションで稼いでいくためにダウ理論を理解しておくことは必須と言えるほど大切な理論です。

初めて学ぶ方でもわかるように解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

バイナリーオプションのダウ理論とは?

バイナリーオプションのダウ理論とは、チャールズ・ダウというアメリカの証券アナリストが考案した相場理論です。

稼いでいるトレーダーは、必ずと言っていいほどダウ理論を理解しています。それくらい重要な理論なので、これを機にしっかり学んでおきましょう。

ダウ理論は、一言で言うと、「相場の値動きは法則性や癖を持って動くことが多い」と示しており、これは株式や商品先物、為替市場など、どの相場でも通用する理論です。

この法則性や癖をわかりやすく6つの基本原則にまとめており、それをもとにテクニカル分析をしていきます。

19世紀終わりに考案されたかなり古い相場理論ではありますが、今でも多くの投資家が意識しているため、どの相場の動きにもダウ理論の影響があらわれています。

ダウ理論の6つの基本原則

ダウ理論は、以下の6つの基本原則から成り立っています。

ダウ理論の6つの基本原則
  1. 価格には全ての要素を盛り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3要素
  3. 主要なトレンドは3段階で構成される
  4. 価格は相互確認する
  5. トレンドは出来高で確認する必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出来るまで継続する

以上、6つの基本原則について深堀りしていきます。

価格には全ての要素を盛り込む

ダウ理論では、「価格には全ての要素が盛り込まれている」と考えられています。

「全ての要素」とは、相場価格を影響し得る全てのことで、具体的には下記の通り。

全ての要素とは・・
  • 雇用統計などの重要な経済指標の発表
  • 各国の大統領や重要人物などの発言
  • 投資家による売買行動

一般的にファンダメンタルズ分析と呼ばれるものを指しています。

直近のことでいえば、東日本大震災や新型コロナウイルスの流行も同様。

逆にいえば、「相場価格が示されているチャートが全てを物語っており、将来の価格を予測するには、現在の価格の値動きを分析すればよい。」

という考え方もできます。

トレンドは短期・中期・長期の3要素

ダウ理論では、トレンドを大きく3つに分けられると定義されています。

ただ単に、トレンドと決めつけるのではなく、どれくらいのトレンドなのかを見極める力は大切です。トレンドの期間で投資の攻め方も変わってきますからね。

トレンドの3要素
  • 短期トレンド:3週間未満
  • 中期トレンド:通常3週間〜3ヶ月
  • 長期トレンド:通常1年〜数年間

時間軸の違いから、違うトレンドが発生することもあれば、全ての時間軸で同じトレンドを発生することもあるとしています。

例えば、長期トレンドでは、上昇トレンドを形成していても、中期トレンドあるいは、短期トレンドでは下降トレンドを形成していることがあります。

これは単調に価格が上昇しているのではなく、逆方向の売買によって調整が生じる局面だからです。

つまり、複数の時間足を意識してトレンドの方向性を見分けなければなりません

主要なトレンドは3段階で構成される

ダウ理論では、主要なトレンドは3段階で構成されていると考えています。

3段階の主要トレンド
  • 追随期:先行期の動きを見た投資家が追随し始める段階
  • 先行期:数少ない投資家が底値買いを始める段階
  • 利食い期:遅れた投資家がトレンドの最後に参加し始める段階(先行期や追随期で参加した投資家は利食いをする段階)

ダウ理論ではこのトレンドの把握がかなり重要です。先程のトレンドの種類と同様、ただ「トレンド」と定義するのではなく、トレンドの段階を見極められるようにしていきます。

では、上記の3段階についてそれぞれ深堀りしていきましょう。

先行期

先行期とは、ボラティリティが少なく、価格が低い状態で、数少ない投資家が底値買いを始めて緩やかにトレンドを形成する段階

この段階では、騙しの発生も多くなります

予想通り、上昇トレンドを形成すれば、大きな値幅を取ることが可能。

とはいえ、下がるかもしれないという時期で、買いエントリーをするため、リスクもあるので、ハイリスク・ハイリターンの段階。

方向性がまだ定まっていないこともあるので、バイナリーオプションでエントリーするのは難しい段階です。

追随期

追随期とは、先行期の動きを見た投資家が、相場の値動きを確認し追随する段階

この段階では、チャート上に明確なトレンドが見え、ファンダメンタルズ的にも買いの要素も確認できることから、多くの投資家が参加します。

参加者も増えるので、先行期と比べてボラティリティも増加して1番大きなトレンドを形成するので、値幅を取るためには、注目していきたい段階です。

利確期

利確期とは、トレンドの終わりで、ボラティリティがさらに激しくなる段階

追随期の上昇トレンドを確認した投資家が最後に参加してきます。確かに、上昇トレンドを継続する可能性も残っていますが、先行期や追随期に買った投資家が利確する段階でもあります。

つまり、これからは上昇よりも下落の可能性が高くなっていくということです。

特に初心者の投資家はこの段階でエントリーをすることが多く、かなりのダメージを喰らうことになります。

とはいえ、値幅を取る必要のないバイナリーオプションにおいてはこの利確期は狙い目!

値動きがはっきりするので、短期間のトレードにも向いている段階です。

価格は相互確認する

ダウ理論はもともと、株式市場に関する理論。

そして、「工業平均株価と鉄道平均株価のように関連するものは価格が連動する」という法則から、この原則が導き出されました。

つまり、関連がある分野では基本的に同じようにトレンドを形成するはずだと考えられているのです。

これは株式市場の法則ですが、もちろん為替市場にも当てはまります。

これを為替市場では、相関関係とも言われますが、

例えば、USD(米ドル)が相対的に買われていると、USD/JPYは上昇して、EUR/USDは下落するはず。

このように、関連した通貨ペアを確認することで、ある程度の値動きを予想すことができるのです。

トレンドは出来高で確認する必要がある

ダウ理論では、「トレンドは出来高に比例する」と示されています。

つまり、トレンドが発生するときは、出来高も大きくなり、出来高が伴わないトレンドは長続きしないだろうという考え方です。

実際に株式市場の世界では、「出来高は株価に先行する」と言われています。

とはいえ、先ほども説明した通り、ダウ理論は株式市場で定義づけされた理論なので、為替市場にも同じことが言えるかと言われるとそうではありません。

為替市場でのトレンドと出来高の関係性といえば、各国の市場ごとの出来高の特徴です。

世界3大市場は、「東京市場」、「ロンドン市場」、「ニューヨーク市場」の3つ。

世界3大市場の出来高
  • 東京市場:参加者の人数は市場全体の10%。
  • ロンドン市場:参加者の人数は市場全体の40%。
  • ニューヨーク市場:参加者の人数は市場全体の20%。

出来高が多いロンドン市場はトレンドを形成することが多く、出来高が少ない東京市場ではトレンドを形成することが多くありません。

この知識は、ダウ理論を使う際にかなり便利なのでぜひ覚えておきましょう。

トレンドは明確な転換シグナルが出来るまで継続する

ダウ理論では、「トレンドは明確な転換シグナルができるまで継続する」と示されています。

そもそも「トレンド」の定義をしておくと以下の通りです。

トレンドの定義
  • 上昇トレンド:高値・安値ともに切り上げて価格が上昇している状態
  • 下降トレンド:高値・安値ともに切り下げて価格が下落している状態

上記に当てはまらない状態は、相場の方向性が定まっていないことから「レンジ相場」と言われています。

また、「明確な転換シグナル」についての定義は以下の通り。

明確な転換シグナル
  • 上昇トレンドの転換:上昇トレンドにおいて高値を更新しなかった状態
  • 下降トレンドの転換:下降トレンドにおいて安値を更新しなかった状態

ずっとトレンドを形成することはあり得ないので、必ず転換シグナルができて、トレンド転換、もしくはレンジ相場に変わります。

バイナリーオプションでもこの転換シグナルは重要な考え方になるので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

バイナリーオプションでダウ理論を使用する方法

もともとダウ理論はバイナリーオプション用に考案されたものではありません。

バイナリーオプションは短期的な目線ですが、ダウ理論は相場全体の流れを予想するので、どちらかというと長めの目線を予想していく理論です。

確かに目線の違いはありますが、相場の方向性を見極めていくという点では共通しているので、バイナリーオプションでも十分通用するのでご安心ください。

実際にバイナリーオプショントレーダーの多くが、ダウ理論の考え方を活用して相場の分析をしてトレードしているのです。

そこで、ここからはバイナリーオプションでダウ理論を使用する方法についてご紹介していきます。

バイナリーオプションでダウン理論を使用する方法
  • MT4のテクニカル指標を使用する
  • バイナリーオプションではダウ理論を使って順張りにエントリー

この2ステップで解説していきます。

MT4のテクニカル指標を使用する

ダウ理論を使用してバイナリーオプションを攻略していく上で、MT4のチャートを使ったテクニカル指標は必須です。

MT4とは、ロシアの「MetaQuotes社(メタクォーツ社)」が開発したチャート分析ツール。

バイナリーオプションの分析方法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析がありますが、ダウ理論では、チャートを使ったテクニカル指標を使うことになります。

インジケーターなども含めて、全て無料で利用できますので、必ずMT4をダウンロードしておきましょう。

バイナリーオプションではダウ理論を使って順張りにエントリー

バイナリーオプションでダウ理論を使う場合、順張りでエントリーするのが基本です。

ダウ理論で定義されているトレンドでいうと、「追随期」でのエントリーになります。

繰り返しになりますが、追随期とは、先行期の動きを見た投資家が、相場の値動きを確認し追随する段

最も強いトレンドになるのでこのポイントで順張りでエントリーすることで、勝率が高くなります。

エントリーする際、おすすめのインジケーターは以下の3つ。

  • ZigZag(高値・安値の更新を見極めるため)
  • ボリンジャーバンド(トレンド発生のタイミングを見極めるため)
  • Volume(出来高の増減を見極めるため)

この3つのインジケーターを使って、実際にエントリーしていきましょう。

ダウ理論を使った順張り手法
  • ZigZagで高値・安値が切り上げている(上昇トレンド)
  • ボリンジャーバンドによるボラティリティブレイク
  • Volumeが大きい

上記の3つの条件を満たした時にHighエントリーです。

これはHighエントリーの条件ですが、逆の場合はLowエントリー。

エントリーのタイミングを見極めるのが難しいので、練習してみましょう。

まとめ

今回は、ダウ理論について解説してきました。

ダウ理論とは、「相場の値動きは法則性や癖を持って動くことが多い」という考え方で、株式市場や為替市場で通用するテクニカル指標です。

ダウ理論の6つの基本原則についておさらいしておきましょう。

ダウ理論の6つの基本原則
  1. 価格には全ての要素を盛り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3要素
  3. 主要なトレンドは3段階で構成される
  4. 価格は相互確認する
  5. トレンドは出来高で確認する必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出来るまで継続する

このダウ理論を使ってバイナリーオプションを攻略するためには、トレンドで順張りエントリーしていきます。

最初はトレンドの見極めやエントリーのタイミングが難しいかもしれないので練習が必要です。チャートを見ながら分析したり、デモトレードを使って練習したりして、徐々に慣れていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です