バイナリーオプションでおすすめの通貨ペアは?各通貨の特徴も知っておこう!

9 min 101 views
よくある質問
  • 「ハイローオーストラリアで対応している通貨ペアってどれくらいあるの?」
  • 「それぞれの通貨ペアの特徴がわからない」

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプション通貨ペアの種類と特徴
  • ハイローオーストラリアの通貨ペア16種類
  • ハイローオーストラリアのGOLD取引

の順で解説していきます。

ハイローオーストラリアで対応している全ての通貨ペアの特徴やGOLDについても詳しく解説します。それぞれの通貨ペアの特徴を知ることは必須ですので、ぜひこの機会に学んでいきましょう。

バイナリーオプション通貨ペアの種類と特徴

バイナリーオプションの利用する業者によって取り扱っている通貨ペアの種類が大きく変わります。

通貨ペアとは、2つの通貨がペアになったもの

国内業者の場合は、クロス円(日本円が関連する通貨)の通貨ペアや世界的に有名な通貨ペアしか扱っていません。(5〜7通貨ペア程度)

一方、海外業者の場合は、クロス円だけではなく世界中の通貨ペアを取り扱っているので、種類も豊富です。(10〜20通貨ペア程度)

2つの通貨が買われたり、売られたりすることで、相場が動くので、2つの通貨の状況を把握する必要があります。

通貨によって、値動きのクセや特徴が変わるので、それぞれの特徴を理解しなければ勝率を上げることも難しいでしょう。

1つ1つの通貨についてしっかり理解して攻め方を変えていくことが大切です

ハイローオーストラリアの通貨ペア16種類

ハイローオーストラリアは、数あるバイナリーオプション業者の中でも通貨ペアが多いことで有名です。

通貨ペアが多いということは、それだけチャンスも多くなります。

さらにそれぞれの通貨ペアによって値動きが大きくなる時間帯も分かれているので、トレードをしていて、「全くチャンスがないな。」なんてこともあまりありません。

では、ハイローオーストラリアで対応している全16通貨ペアについて、それぞれ深堀りしていきます。

ぜひ、自分の好きな通貨ペア、得意な通貨ペアを見つけてみてください。

ハイローオーストラリアの通貨ペア一覧
  • 豪ドル/日本円(AUD/JPY)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • 豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD) ※現在取引停止
  • 米ドル/日本円(USD/JPY)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • カナダドル/日本円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/日本円(CHF/JPY)
  • ユーロ/日本円(EUR/JPY)
  • ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/日本円(GBP/JPY)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • ニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)
  • ニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD)

豪ドル/日本円(AUD/JPY)

オーストラリアの豪ドル(AUD)と日本円(JPY)の組み合わせの豪ドル/日本円(AUD/JPY)

豪ドルは市場の規模が、アメリカや日本に比べると小さく、相場が急激に動く傾向にある通貨ペアです。

オーストラリアは資源の豊富な国でもあるので、原油の価格やゴールドの価格にも左右されやすくなります。

オセアニア国の通貨と日本の通貨なので、8:00〜12:00あたりに指標などもあるので値動きが活発になることが多いです。

逆に、ロンドン時間やニューヨーク時間に値動きが全くないということもよく見るので、短期的な取引には注意しましょう。

豪ドル/米ドル(AUD/USD)

オーストラリアの豪ドル(AUD)とアメリカの米ドル(USD)の組み合わせの豪ドル/米ドル(AUD/USD)

豪ドルの関連通貨ペアの中では、最も取引量の多い通貨ペアです。

EUR/USDやGBP/USDと比べると、値動きは緩やかですが、朝方や深夜帯に急にトレンドを作ることがあるので注意が必要。

相場のほとんどがレンジということもあり、レンジが得意な人はどんどん攻めていきたい通貨ペアです。

とはいえ、反発が遅いということもあるので、30秒や1分などの短期判定には向きません。

AUD/USDを攻略するためには、5分や15分取引など、比較的長めの判定を選択することをおすすめします。

豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD) ※AUD/NZDはハイローの仕様変更により現在は取引不可となりました

オーストラリアの豪ドル(AUD)とニュージーランドのニュージーランドドル(NZD)の組み合わせの豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD)

かなりマイナーな通貨ペアな為、取り扱っている業者はかなり少数です。

しかし、知るひとぞ知る、逆張りにおいてはかなり勝率が高い通貨ペアであることも間違いありません。

どちらもオセアニアの国でかなり関連している通貨ペアなのですが、オーストラリアは鉱物資源を輸出ニュージーランドは乳製品や食肉・農産物を輸出している国なので、明確な違いがあります。

また、資源国ということもあり、株価に左右されやすい通貨ペアといえます。

リスクオンの時は買われやすく、リスクオフの時は売られやすいという特徴です。

繰り返しになりますが、かなりマイナーな通貨ペアのため、値動きはそこまで大きくありませんが、逆張りには強い通貨ペアなので、極めたら武器になるでしょう。

米ドル/日本円(USD/JPY)

アメリカの米ドル(USD)と日本円(JPY)の組み合わせの米ドル/日本円(USD/JPY)

世界で2番目の取引量を誇る人気の通貨ペアです。

他の通貨ペアの値動きに左右されにくい独立的な値動きをすることや、数ある通貨ペアの中でも値動きが比較的緩やか。

逆に、他の通貨ペアの基準となることが多いので、バイナリーオプションの取引の分析の際、米ドル/日本円(USD/JPY)の動きは必ずチェックする必要があります。

日経平均株価やNYダウの動きとも関連するので、株価の値動きにも気をつけなければなりません。

どちらも、世界の基軸通貨なので、バイナリーオプション初心者や分析に自信がない人は、米ドル/日本円(USD/JPY)がおすすめです。

米ドル/カナダドル(USD/CAD)

アメリカの米ドル(USD)とカナダドル(CAD)の組み合わせの米ドル/カナダドル(USD/CAD)

アメリカとカナダは世界経済の2つの重要な大国です。国同士が隣接しており、同じような世界の要因に影響されることが予測できます。

カナダは、経済危機にも関わらず、好調に推移しており、天然資源が豊富な国です。カナダドル(CAD)自体、そこまで流通量が多い通貨ではありません。

そのため、アメリカやカナダが休場相場になると、全く値動きしないことも多々あります。

さらに、経済指標に敏感に反応することもカナダドル(CAD)の特徴の1つ

大きい経済指標が発表されると、かなり強いトレンドを作り、全く反発しない値動きになってしまうので、逆張りトレーダーは要注意です。

米ドル/スイスフラン(USD/CHF)

アメリカの米ドル(USD)とスイスフラン(CHF)の組み合わせの米ドル/スイスフラン(USD/CHF)

通貨ペアとしての流動性が低く、小さなレンジ相場になりやすい通貨ペアです。

米ドル(USD)よりも、スイスフラン(CHF)の価値がしっかり反映されます。そのため、スイスフランの値動きに注目していくことが分析のカギになるでしょう。

関連通貨である、スイスフラン/日本円(CHF/JPY)の値動きにつられて、逆相関の値動きをすることが多いので同時に見てみるとおもしろいですよ!

米ドル(USD)とスイスフラン(CHF)の組み合わせということもあり、日本時間では全く動かないことがほとんどです。

ロンドン市場やニューヨーク市場でいきなり動いてそのままトレンドを形成することが多いので、トレンドの初動には注意しましょう。

カナダドル/日本円(CAD/JPY)

カナダドル(CAD)と日本円(JPY)の組み合わせのカナダドル/日本円(CAD/JPY)

日本円よりも、資源国であり先進国であるカナダの経済影響を受けることが多く、輸出先の中心であるアメリカの景気によっても左右される通貨ペアです。

ですので、関連通貨でもある、USD/JPYやUSD/CADに注目すると、より分析しやすくなります。

日本円(JPY)単体で動いた場合は、身近な通貨ということもあり予測しやすいですが、カナダドル(CAD)で動いた場合は、なかなか分析しづらいです。

特にカナダドル(CAD)はかなりマイナーな通貨なので、情報を取得することが難しいというのもあります。

海外のニュースをいち早く取得することがこの通貨ペアの勝敗を分けるポイントです。

スイスフラン/日本円(CHF/JPY)

スイスフラン(CHF)と日本円(JPY)の組み合わせのスイスフラン/日本円(CHF/JPY)

カナダドル/日本円(CAD/JPY)同様、かなりマイナーな通貨ペアの為、ハイローオーストラリア以外ではあまり見ることはありません。

どちらの通貨も、安全資産と言われており、世界情勢が悪い時にこの通貨の需要が高まります。値動き自体は、かなり緩やかでレンジを形成しやすいです。

ロンドン時間で多少動きますが、日本時間やニューヨーク時間ではあまり動かないことが多いので要注意。

逆に、どこかの国の情勢が悪化した時や悪いニュースが出た際は、リスク回避のためにこの2つの通貨に逃げることが多いので値動きが激しくなります

ですので、スイスフランや日本円だけではなく、世界中のニュースを監視し続ける必要があるでしょう。

ユーロ/日本円(EUR/JPY)

ユーロ(EUR)と日本円(JPY)の組み合わせのユーロ/日本円(EUR/JPY)

ユーロ(EUR)に関しては、経済指標やニュースが非常に豊富なので、かなり分析しやすい通貨ペアです。

実際に、ユーロ/日本円(EUR/JPY)の取引量は世界シェア四分の一以上ある、かなり人気の通貨ペアであることは間違いありません。

USD/JPYやGBP/JPYと比べると、値動きは緩やかですが、アメリカ経済の影響をかなり受けるため、米ドル(USD)の動きも注意する必要があります。

ユーロ/日本円(EUR/JPY)は、EU加盟国の中でもドイツやフランスの影響を受けて変動しやすいので、EUの情報取集も積極的に行いましょう。

ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)

ユーロ(EUR)と英ポンド(GBP)の組み合わせのユーロ/英ポンド(EUR/GBP)

同じヨーロッパ圏の通貨だけあって、関連性が強い通貨ペアです。

GBP関連の通貨ペアなので、ボラティリティが大きいと思われがちですが、実際はそこまで大きくありません。

GBPの中でもかなり値動きが落ち着いている通貨ペアになります。

どちらもロンドン時間に活発になる通貨なので、ロンドン時間は比較的動きますが、それ以外の時間は全く動きません。

欧州全体の経済状況がかなり影響するので、海外のニュースを積極的に取得することが大切です。

ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)

ユーロ(EUR)と豪ドル(AUD)の組み合わせのユーロ/豪ドル(EUR/AUD)

ハイローオーストラリア以外ではあまり見ない、かなりマイナーな通貨ペアです。

ただ、ボラティリティの平均値が大きいこともあり、逆張りトレーダーに人気であることも事実

逆張りトレーダーはぜひ特徴を理解することをおすすめします。

ユーロと豪ドルは通貨としての関連性が低いため、大きなトレンドを作ることが少なく、緩やかな値動きが目立ちます。

どちらかの通貨単体で動くことが多いので、どちらの通貨で動いているかをしっかり確認して、関連通貨の値動きを確かめながらトレードするようにしましょう。

ユーロ/米ドル(EUR/USD)

ユーロ(EUR)と米ドル(USD)の組み合わせのユーロ/米ドル(EUR/USD)

世界でトップ2の流通量が米ドルとユーロの2通貨です。当然、取引量も多い通貨ペアで、全体の3分の2とも言われています

それだけ人気の通貨なので、米ドルが売られるとユーロが買われて、逆に、米ドルが買われるとユーロが売られるという、「相関関係」にある通貨でもあります。

基本的に、どの時間でも活発に動きますが、特にロンドン時間、ニューヨーク時間は活発に動くので、要注目です。

取引量が多い影響で、基本的には短期的に反発を繰り返す、レンジを形成することが多いです。ただ一度、トレンドを形成すると、長い間継続する傾向にあるので、気をつけなければなりません。

英ポンド/日本円(GBP/JPY)

英ポンド(GBP)と日本円(JPY)の組み合わせの英ポンド/日本円(GBP/JPY)

クロス円(日本円関連通貨)の中で最もボラティリティが大きいこともあり、バイナリーオプションやFXでもかなり人気の通貨ペアです。

特に英ポンドが大きく動いてトレンドを形成した時はかなり強いトレンドを形成するので、怖いと感じる人もいるでしょう。

そのため初心者に方には少しハードルが高い通貨ペアともいえます。

特にロンドン時間に入ると、値動きがかなり激しくなるので、トレンドが苦手な人は避けた方が良いかもしれません。

関連通貨である、USD/JPYやGBP/USDの影響を受けやすいので、米ドル(USD)の値動きも同時に見ながら分析していくと、予測しやすくなります。

英ポンド/米ドル(GBP/USD)

英ポンド(GBP)と米ドル(USD)の組み合わせの英ポンド/米ドル(GBP/USD)

世界の取引量1位の米ドルと4位の英ポンドの組み合わせだけあって、ボラティリティが大きく、バイナリーオプションやFXでもかなり人気の通貨ペアです。

どちらかいうと、英ポンドの影響を受けやすく、トレンドを作りやすい傾向にあります。

特にロンドン時間以降の値動きには注意が必要

FXトレーダーにとっては、短期間で利益が伸ばせることから、スキャルピングトレードやデイトレードに向いていると言われていますが、逆張りトレードにおいては真逆です。

全く反発しない時間帯が続くので、勝率が低くなってしまいます。

トレンド方向に沿った順張りをするトレーダーにとっては、短時間で何度もチャンスが来るので、どんどん攻めていきたい場面ですね。

英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)

英ポンド(GBP)と豪ドル(AUD)の組み合わせの英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)

ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)同様、かなりマイナーな通貨のため、ハイローオーストラリア以外で見ることはほとんどないでしょう。

しかし、ハイローオーストラリアの16通貨ペアの中で、最もボラティリティが大きい通貨ペアなので、最も人気の通貨ペアと言っても過言ではありません。

通貨ペアとしての取引量は少ないですが、英ポンド(GBP)が単体で動いた時のトレンドはかなり大きくなるので要注意です。

ロンドン時間はトレンドを作り、日本時間やニューヨーク時間は上下幅が大きいボックスレンジを作りやすいと言われています。

トレンドが得意な人やロンドン時間、レンジが得意な人は日本時間やニューヨーク時間というように、時間によって攻め方を変えることをおすすめします。

ニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)

ニュージーランドドル(NZD)と日本円(JPY)の組み合わせのニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)

ニュージーランドドルはかなりマイナーな通貨の為、知らない人も多いのではないでしょか。

短期的に値幅を取る目的のスキャルピングやデイトレードよりも、高金利通貨のニュージーランドドルに注目してスワップ目的のトレードが主流です。

そのため、ニュージーランドの政策金利の影響によって動きやすいのが特徴

8:00〜12:00が最も活発で、それ以降はボラティリティがかなり小さくなるので、トレンドが得意なトレーダーは避けた方が良いでしょう。

金利面での変動がない場合、価格も動きにくい反面、急変のリスクも低いのがニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)の特徴です。

ニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD)

ニュージーランドドル(NZD)と米ドル(USD)の組み合わせのニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD)

ニュージーランドの資源国としての性質と高金利通貨としての特性を合わせた特徴がある通貨ペアです。

とはいえ、通貨ペアとしての人気は低いため取引量も多くありません。

為替取引というよりも、外貨預金としての投資に用いられる通貨ペアといえます。

そのため、大口の取引がよく起こり、急激に値動きを起こすことがあるのです。

出来高が少ないけど、ボラティリティは大きいという不思議な現象が起こりやすいということを覚えておきましょう。

常に、急激な値動きをするかもしれないということを頭に入れて、取引していくことが大切です。

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル/日本円(USD/JPY)

通貨ペアが多いということはたくさんのメリットもあるのですが、分析に慣れていない初心者の方にとっては、「どの通貨ペアを選べば良いかわからない」と迷ってしまうでしょう。

そこで、バイナリーオプション初心者におすすめしたい通貨ペアは、米ドル/日本円(USD/JPY)です。

米ドル/日本円(USD/JPY)の特徴については、上記で解説しましたが、なんといっても、世界で2番目の取引量を誇る人気の通貨ペアというのは大きなメリット。

取引量が多い人気の通貨ペアであるということは、情報を入手するのが簡単で、分析しやすくなります。

一番身近な通貨と言っても過言ではありませんよね。

そして、日本とアメリカは経済的関係や交流が深いこともあり、アメリカの大統領の発言なども都度ニュースとして見ているはずです。

そのような外交のニュースは米ドル/日本円(USD/JPY)の値動きに大きな影響を与えるので、やりやすさを感じるでしょう。

初心者で複数の通貨ペアを同時に分析することができない人は、ぜひ米ドル/日本円(USD/JPY)を極めて見ることをおすすめします。

まとめ

今回は、バイナリーオプションの通貨ペアについて解説しました。

この記事で通貨ペアごとの特徴について、理解を深めることができたのではないでしょうか?

ハイローオーストラリアでは16種類の通貨ペアを取引することが可能。

またたくさんの通貨ペアがある中、バイナリー初心者の方にはまずは米ドル/日本円の取引がおすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です