仮想通貨のバイナリーオプションってどうなの?おすすめ業者を紹介!

6 min 153 views
バイナリーオプション仮想通貨

「仮想通貨のバイナリーオプションがこれから上昇する可能性が高い」

よくある疑問
  • 「仮想通貨ってどんなのがあるかよくわからない」
  • 「どんな業者が仮想通貨を扱っているの」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなバイナリーオプションの仮想通貨というお悩みを、解決します。

具体的には

本記事の概要
  • バイナリーオプションで取引できる仮想通貨
  • 仮想通貨の取引ができるバイナリーオプション業者TOP5
  • 国内のバイナリーオプション業者は仮想通貨の取引ができない

の順番にご紹介していきます。

バイナリーオプション業者の仮想通貨取引が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

バイナリーオプションで取引できる仮想通貨

世の中には、膨大な数の仮想通貨が存在します。結論から言うと、バイナリーオプション取引で全ての仮想通貨が取り扱えるわけではないのです。

果たして、バイナリーオプションによる取引に対応している仮想通貨はどれなのでしょうか。

ここでは、バイナリーオプション取引に使用されている仮想通貨から主要なものを解説していきます。

仮想通貨の特徴を理解することで、バイナリーオプション取引の分析や戦術も変化してくるのでぜひご覧ください。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2008年に世界で初めて使用されるようになった仮想通貨で、世界的に有名な仮想通貨の一つです。

仮想通貨の歴史的にみても、ビットコインはほぼ最古参の仮想通貨と言えるでしょう。

また、初心者からベテランの方まで幅広い層のトレーダーがビットコインを保有していることが特徴です。

世界的にトレーダーが多く、相場が安定していて急激に価格変動が起こることが少ない仮想通貨。

トレンドがはっきりしていることが多いので、トレンド相場狙いの取引だと勝率が上がるとされています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、仮想通貨と言う点以外に分散型アプリケーションを開発するためのプラットフォームとしての特徴があります。

またイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムはブロック生成時間が短いのが特徴。

ビットコインのブロック生成時間が平均10分であるのに対し、【イーサリアムは平均15秒。】となっています。つまりイーサリアムの方がトランザクションの承認時間が短いです。

またイーサリアム上で実装できるスマートコントラクトも特徴の一つです。

取引量も多いことから比較的相場が安定しています。

イーサリアムクラシック(ETH)

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと分裂してできた仮想通貨。

イーサリアムクラシックも、分散型アプリケーション構築のプラットフォームやスマートコントラクトなどの特徴をもちます。

イーサリアムから分裂してできた仮想通貨】ということになるのでイーサリアムと同じような特徴を多く持ちます。

つまりブロック生成時間も15秒という短い時間で承認することができます。

【イーサリアムクラシックは相場の変動が比較的起こりやすい】といった特徴を持つので、バイナリーオプション取引ではレンジ相場での取引が良いとされています。

リップル(XPP)

リップルではビットコインに次ぐシェアを持つと言われる、世界でも有名な仮想通貨。

国際送金ソリューションとして生み出されており、リップル社が管理しています。

バリデーターによる認証方式で取引が少し遅い】と言う特徴を持ちますが信頼性が高い取引で評判があります。

ビットコインやイーサリアムはブロックチェーン上で管理されていますが、リップルでは「XRP Ledger」と言う決済システム上に取引記録を蓄積します。

リップルの「XRP Ledger」はブロックチェーンの「分散型」とは異なり、中央集権的であるとも言えるでしょう。

ジーキャッシュ(ZEC)

シーキャッシュの特徴は匿名性のある取引です。

匿名性のある取引を実現しているジーキャッシュですが、実用性が低い。といった問題があります。

また匿名性が高い仮想通貨のため、【テロリストの資金供給経路や闇市場サイトの決済などでの犯罪利用が懸念されているため世界で規制が厳しい】といった特徴も。

ジーキャッシュの問題点の多さから、バイナリーオプションでの取引量も多くなく、ユーザーがあまり増えません。そのため相場が不安定となっています。

バイナリーオプション取引でジーキャッシュを狙うなら、相場が不安定なのでレンジ相場を狙うといいでしょう。

ダッシュ(DASH)

ダッシュはもともとXCoinとしてリリースされていましたが、その後ダークコインに変更し2015年3月にダークコインからダッシュへと変更になりました。

ダッシュの特徴としては、高い匿名性や即時取引、高いセキュリティ性が挙げられます。

プライベートセンドというコインミキシングサービスを利用していることにより高い匿名性を保っています。

また取引の支払い時間が約1秒といった速さや、「X11」といった暗号技術により高いセキュリティを保つことが可能であることも特徴の1つ。

しかし、ジーキャッシュと同様高い匿名性から悪用への利用が考えられるため、バイナリーオプションでも相場が安定しないのも特徴でしょう。

ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインからの派生でできた仮想通貨。

かつてGoogleエンジニアであったチャーリー・リー氏によって発案された通貨で、取引の認証時間がビットコインの4分の1といった特徴をもちます。

また【ライトコインの最大の特徴は手数料が安い】ということで、グローバルな決済ネットワークを敷いています。

取引当初は、スピードが速い影響もあり、トレンドが変わりやすかったのですが、取引量が増えてから安定する期間が多くなりました。

バイナリーオプション取引では相場が安定してきているので、トレンド相場がおすすめです。

仮想通貨の取引ができるバイナリーオプション業者TOP5

バイナリーオプションでは、当初仮想通貨は取引することができませんでした。

しかし、近年仮想通貨が人気でユーザーや種類が増え、その結果バイナリーオプション業者で仮想通貨を扱う業者が増えるようになったのです。

取引する銘柄が増えればその分だけチャンスが増えるので、ユーザーにとってはありがたいことです。

残念ながら現時点では国内のバイナリーオプション業者の中に仮想通貨の取引ができる業者はありません。

では海外バイナリーオプションでどこの業者が仮想通貨の取引ができるのでしょうか。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは海外業社ですが、日本でとても人気なバイナリーオプション業者です。

ハイローオーストラリアは「高いペイアウト率」や「日本人による日本語の無料電話サポート」などバイナリーオプションのサービスが良い。と言う面で人気があります。

ハイローオーストラリアで取引できる仮想通貨や判定時刻は次の通り。

取引できる仮想通貨
  • BITCOIN(ビットコイン)
  • ETHEREUM(イーサリアム)
  • LITECOIN(ライトコイン)
  • RIPPLE(リップル)
判定時間(時刻)
  • 毎朝6:00が判定時刻となる23時間

ハイローオーストラリアのペイアウト率は

ハイローオーストラリアのペイアウト率
  • HighLow:1.85倍
  • HighLowスプレッド:2.00倍

ハイローオーストラリアは土日休業なため、平日のみ取引を行うことができます。

FIVE STARS MARKETS

FIVE STARS MARKETSは創業が1993年、バイナリーオプション取引のサービスも2014年から行っていることから信頼性の高い海外バイナリーオプション業者とされています。

取引できる仮想通貨
  • BITCOIN(ビットコイン)
  • ETHEREUM(イーサリアム)
  • LITECOIN(ライトコイン)
  • RIPPLE(リップル)
判定時間(時刻)
  • 2分
  • 5分
  • 15分
  • 20分
  • 25分
  • 30分
  • 45分
  • 60分

FIVE STARS MARKETSは土日の取引もできるという点が最大のメリットといえるでしょう。

theoption

theoptionは約定力が高く安定している点や、theoption独自の分析ツールが特徴の海外バイナリーオプション業者です。

取引できる仮想通貨
  • BITCOIN(ビットコイン)
判定時間(時刻)
  • 毎朝6:00が判定時刻となる23時間

ペイアウト率は1.82倍と、FIVE STARS MARKETSよりは高いペイアウト率を保つ。と言えるでしょう。

theoptionの取引はハイローオーストラリアと同じく平日のみ取引を行うことができます。

ワールドクリプトバイナリー

ワールドクリプトバイナリーはバイナリーオプション業者の中で最候補の仮想通貨を取り扱っている業者です。

取引できる仮想通貨
  • BITCOIN(ビットコイン)
  • ETHEREUM(イーサリアム)
  • ETHEREUM CLASSIC(イーサリアムクラシック)
  • RIPPLE(リップル)
  • DASH(ダッシュ)
  • LITECOIN(ライトコイン)
  • MONERO(モネロ)
  • ZCASH(ジーキャッシュ)
判定時間(時刻)
  • 5分
  • 15分
  • 30分

仮想通貨に特化した業者のため、「ビットコイン」、「イーサリアム」、「ライトコイン」、「ビットコインキャッシュ」での入金に対応しており、入金した通貨を使用して取引を行うことができます。

また仮想通貨自体は365日取引することが可能なので、もちろん土日も関係なく取引することが可能。となっております。

ゼントレーダー

ゼントレーダーはバイナリーオプション業界では比較的新しい業者で、2018年から取引サービスを開始しました。

最小取引額が1000円と少し高めなのが特徴ですが、稼ぎたい人にとっては特に気にならないでしょう。

取引できる仮想通貨
  • BITCOIN(ビットコイン)
  • ETHEREUM(イーサリアム)
  • LITECOIN(ライトコイン)
判定時間(時刻)
  • 15分
  • 1時間
  • 1日

取引画面がシンプルで、簡単な分析がしたい方にはゼントレーダーのツールが向いていると言えます。

国内のバイナリーオプション業者は仮想通貨の取引ができない

日本国内のバイナリーオプション業者は仮想通貨の取引をすることができません。

なぜなら、日本国内で仮想通貨取引を行うためには、仮想通貨交換業の登録が必要です。

よって日本国内のバイナリーオプション業者で仮想通貨交換業の登録を行っている業者はありません。

しかし、海外バイナリーオプション業者は日本の法律が適用されないため、仮想通貨交換業の登録が不要となります。

つまり、海外バイナリーオプション業者を選べば日本でも仮想通貨のバイナリーオプション取引が可能というわけです。

まとめ

バイナリーオプションの取引で扱われている仮想通貨や、仮想通貨ごとに特徴があることがわかったと思います。

また、仮想通貨を取り扱う業者も海外バイナリーオプション業者を見ればいくつか存在します。

ハイローオーストラリアでは土日営業を行っていないものの、ペイアウト率でみたら圧倒的に高い数字である。と言うことがわかると思います。

ハイローオーストラリアは平日だけの取引ですが、平日の取引だけでも十分なバイナリーオプション取引を行うことができるのではないでしょうか。

よってハイローオーストラリアでの仮想通貨取引がいいのではないかと考えられるでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です