土日もできる?バイナリーオプションの取引時間まとめ

5 min 51 views
バイナリー土日取引時間

「バイナリーオプションの取引できない時間帯にやっておくべきことがある」

よくある疑問
  • 「バイナリーオプションの取引できる時間帯っていつ?」
  • 「取引できない時間帯って具体的に何すればいいの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな取引時間や取引時間外のやるべきことは何?というお悩みを、解決します。

具体的には

本記事の概要
  • バイナリーオプションの土日取引ができない理由
  • バイナリーオプションで取引できる時間帯
  • バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯と負けやすい時間帯
  • バイナリーオプションの取引ができない時間帯にすべきこと

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、バイナリーオプションの取引が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

バイナリーオプションの土日取引ができない理由

一般的に多くのバイナリーオプション業者では土日の取引サービスを行なっていません。

なぜならバイナリーオプション取引で利用する為替相場が土日は動いていないからです。

為替相場が動いていないので、多くのバイナリーオプション業者も土日は休みになっているのです。

土日休みの人にとっては、バイナリーオプション取引を副業として土日に稼ぎたいところ。

ただそもそも業者が営業していないので取引することができません。

土日はクイックデモの取引もできない

土日ではハイローオーストラリアが提供している「クイックデモ」のようなデモ取引も行うことができません。

ハイローオーストラリアのクイックデモを例にしてみましょう。

クイックデモは本番と同じ環境で資金関係なく取引の練習を行うことができるハイローオーストラリアのサービスです。

ここで注目して欲しいのが、「本番と同じ環境」というところです。

本番と同じ環境ということはクイックデモも為替相場を利用した取引ということ。

つまり土日は為替相場が動いていないので業者としてもサービスを提供することができません。

海外との時差を利用すると土曜日の早朝のみ取引できる

日本に住んでいると、国内の標準時間に合わせるので国内バイナリーオプション業者の土日取引を行うことができません。

しかし、海外バイナリーオプション業者の場合はどうでしょうか。

少し裏技のようなものですが、日本との時差を用いることにより土曜日の早朝のみ取引を行うことができます。

具体的に例を出すと、ハイローオーストラリアでは日本時間の月曜7時から土曜6時まで取引を行うことができます。

バイナリーオプションで取引できる時間帯

ではここで、バイナリーオプションで取引することができる時間帯を確認しましょう。

バイナリーオプション取引といっても取引時間について一つにまとめることができず、大まかに二つの場合についてみていきます。

具体的には国内のバイナリーオプション業者を使用する場合と、海外のバイナリーオプション業者を使用する場合の二つです。

国内と海外の取引時間の違いを明確にしていくことで、今後のバイナリーオプション取引にも有益になると思うので理解していきましょう。

あなたに向いている方はどちらの取引時間でしょうか。

国内のバイナリーオプション

国内のバイナリーオプションの取引可能時間は

月曜日から金曜日のAM7:00〜8:00から翌AM5:00〜6:00(土曜日)

国内バイナリーオプションでは判定時刻を2時間おきに設定しなければならないという規制があります。

よって1日に10怪程度の判定時間が設けられています。GMOクリック証券を例にした表が下になります。

第1回号8:00〜11:00
第2回号10:00〜13:00
第3回号12:00〜15:00
第4回号14:00〜17:00
第5回号16:00〜19:00
第6回号18:00〜21:00
第7回号20:00〜23:00
第8回号22:00〜翌1:00
第9回号0:00〜翌3:00
第10回号翌2:00〜翌5:00
GMOクリック証券の例

表のようにGMOクリック証券では10回の判定時間が設けられている。ということになります。

海外のバイナリーオプション

海外のバイナリーオプション業者の場合は

月曜日から金曜日のAM7:00〜8:00から翌AM5:00〜6:00(土曜日)

取引する通貨や、取引方法で取引をすることができる時間帯が変わることがあります。

ハイローオーストラリアで主要通貨での取引を例にしてみてみましょう。

HighLow / HighLow スプレッド
  • 15分:AM8:00~翌日AM6:00
  • 1時間 :AM8:00~翌日6:00
  • 1日 :AM7:00~翌日AM6:00
Turbo / Turbo スプレッド
  • 30秒:AM8:00~翌日AM5:00
  • 1分:AM8:00~翌日AM5:00
  • 3分:AM8:00~翌日AM5:00
  • 5分:AM8:00~翌日AM5:00

ハイローオーストラリアでは取引方法によって取引可能な時間が異なるというわけです。

バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯と負けやすい時間帯

バイナリーオプションでは一般的に勝ちやすい時間帯や負けやすい時間帯と呼ばれる時間帯が存在します。

勝ちやすい時間帯や負けやすい時間帯ではそれぞれ特徴があり、特徴から勝ちやすさ負けやすさの根拠が現れてきます。

では時間帯による特徴とはどういったものなのでしょうか。また時間帯の特徴から導き出される根拠とはいったいどのようなものなのでしょうか。

時間帯について理解することによって、バイナリーオプション取引の利益に大きく関わる場合があります。

勝ちやすい時間帯と負けやすい時間帯の特徴と根拠について理解していきましょう。

勝ちやすい時間帯

勝ちやすい時間帯は結論から言うとロンドン市場の開始から3時間、ニューヨーク市場の開始から4時間です。

その理由はトレンドが発生しやすいからです。詳しく解説していきます。

バイナリーオプションで「順張り」「逆張り」とありますが、勝率が高いとされているのは順張りです。

順張り

メリット:勝率が高い
デメリット:勝ち幅が小さい

逆張り

メリット:大きな変動幅を予想できる
デメリット:勝率があがりにくい

バイナリーオプションでは勝ち幅は小さいですが勝率を上げることで、利益を上げていくと言う方法があります。

トレンド相場での順張りは向いているとされており、トレンド相場が起きやすい時間帯が流動性が高いロンドン市場の開始から3時間、ニューヨーク市場の開始から4時間。

つまり日本時間の「16時から19時」「22時から翌2時」ということです。

負けやすい時間帯

逆に負けやすい時間帯は流動性の低い時間帯と言う考え方があります。

流動性が低いと言うことはトレンド相場が発生しにくいということになり、負けやすい時間帯と呼ばれています。

トレンド相場が発生しない時間帯ということは、順張りをするメリットがありません。

具体的にどのような時間帯かというと、「オセアニア市場」「アジア市場」の時間帯。つまり日本時間の「5時から7時」「12時から16時」が負けやすいとされています。

機関投資家が取引を終える時間帯がオセアニア相場の始まりとなっています。

またアジア相場へと移るので流動性は低くなるということです。

バイナリーオプションの取引ができない時間帯にすべきこと

取引業者がお休みの土日は、バイナリーオプションの取引をすることができません。また負けやすい時間帯も取引することは出来ますが、あまりオススメはできません。

ただ取引ができない時間を使って、取引できる時間への準備は可能ですよね?

稼いでいる方は取引ができない時間帯を有効活用することで、バイナリーオプション取引の成果を出しています。

取引できない時間帯にどのようなことをすればいいのか理解して、バイナリーオプション取引で勝てるようになりましょう。

例えばこんな時間に使えたりします。

過去のチャートを検証する

土日はチャート自体は動いていませんが、過去のチャートについて振り返ることが可能です。

通貨ごとに自分の手法を使用した場合の勝率を確認することや、判定時刻についても選択するのでデモ取引のような練習ができます。

また逆張りをする場合、あなたの引いているラインの有効性についても確認することが望ましいでしょう。

さまざまな角度からみたラインの有効性を確認することで、実際に有効なラインを見分けることにつながるかもしれません。

さらに過去のチャートを動かしながら未来を予測するといった実際の取引のトレーニングも行うことができます。

直近1週間のチャートを振り返る

またあなたが取引した実際のチャートの振り返りを行うことも重要なことです。

バイナリーオプション取引で負けた時の理由や勝った時の理由を振り返ることで、実際の選択の根拠を振り返ることができます。

勝った場合の理由について振り返ることは自信に繋がると思いますが、負けた時は正直辛いですよね。

しかし、【負けた時の取引を振り返ることで次に負けないようにする。】といったことも可能なので振り返りを行うようにしましょう。

また「バイナリーオプションの取引では自分の中で仮説を立て、実際の取引で確認し、仮説が正しいかどうか判断することが重要である。」とされています。

あなたの手法は仮説、取引、振り返りを続けることで確立されていくということです。

まとめ

バイナリーオプションでは土日に為替が動かないことから多くの業者が取引サービスを行なっていないことがわかりました。

また取引できない時間帯では、過去のチャート検証や直近1週間のチャートを振り返ることで次の取引へつなげる。といったことができます。

バイナリーオプションでは平日の取引できる時間帯で工夫した取引を行うことも重要です。

しかし【土日にあなたの仮説がどれだけ正しかったかどうか振り返ることも平日の取引同様に重要。】ということがわかったと思います。

バイナリーオプションで取引できない時間帯でも、有効活用していきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です