【2021年版】バイナリーオプションの税金計算方法まとめ!確定申告のやり方も!

10 min 1,650 views
バイナリーオプション税金

「バイナリーオプションの税金計算や確定申告がこの記事だけでよくわかる!」

との声を読者のみなさまからいただいております。

よくある疑問
  • 「バイナリーオプションで税金払う必要なんてあるの?」
  • 「確定申告ってどうやってやるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなバイナリーオプションでの税金や確定申告のお悩みを解決します。

バイナリーオプションでは利益が発生した時、税率が一律20.315%の税金を支払わなければいけません。

また日本では申告分離課税、海外では総合課税という税金を支払う必要があります。

この記事では、そんな税金について徹底的に解説していきます。

5分くらいで読めますし、バイナリーオプションの税金計算方法や確定申告のやり方が一気に理解できるので、まずはご一読を!

確定申告が必要な理由とは?

日本では年間で得た収入の金額に応じて、納税する義務があります。

普段サラリーマンの方は、会社で得た収入は会社で確定申告の代わりになる作業である源泉徴収を行ってくれます。自ら確定申告をする必要がありません。

しかし、バイナリーオプションで得た収入は自分で確定申告を行う必要があります

バイナリーオプションで得た利益も、無申告の場合は税務署のチェックが入る可能性があるので注意が必要です。

バイナリーオプションで利益が出たら確定申告が必要

バイナリーオプションで利益が出たら必ず確定申告をしなければいけません。

なぜなら、業者から税務署に損益証明書が届けられるからです。

バイナリーオプションで得た利益なんて無申告でもバレないということはありません。

絶対に申告するようにしましょう。

また税務署からの指摘により申告漏れが発生すると、追徴課税を支払わなければなりません。

申告漏れや無申告で税務署にバレてしまった場合、追徴課税を最大で1.4倍の税金を支払う必要があるので注意しましょう。

バイナリーオプションの税金計算!国内と海外の違いについて

確定申告は国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションで違いがあります。

国内と国外の違い

国内:申告分離課税
海外:総合課税

では申告分離課税と総合課税はどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは国内と海外での税金の違いと計算方法について解説していきます。

国内のバイナリーオプション

国内のバイナリーオプションで得た利益には、申告分離課税を支払う義務があります。

申告分離課税とは、他の所得と別に税額を計算する課税方法のことをいいます。

つまり、【普段会社の給与や不動産の賃料収入など、他の収入とは別に計算される。】と言うわけです。

バイナリーオプションで得た利益のみで計算されるため、普段いくら稼いでいようとも税率には影響を受けないです。

国内バイナリーオプションの税率計算方法

国内バイナリーオプションの税率は

国内バイナリーオプションの税率

所得税:15%
住民税:5%
復興特別所得税:0.315%

合計:20.315%(一律)

となります。この税率を用いて税額を実際に計算式に表すと、

課税所得=国内バイナリーオプションで得た利益 – 国内バイナリーオプションに自分が利用した経費
税額 = 課税所得 × 20.315%

になります。もし国内バイナリーオプションで200万円の利益を得た場合を考えてみましょう。

そして経費が

バイナリーオプション用のPC購入:10万円
デスクや椅子:10万円
バイナリーオプションのセミナー参加:10万円

となると、計算式が

200万円(利益) – (10+10+10)万円(経費)=170万円(課税所得)
170万円 × 20.315%= 34万5355円(税額)

といった金額になります。

海外のバイナリーオプション

海外のバイナリーオプションで得た利益は総合課税を支払う義務があります。

総合課税とは、自分が得た所得を全て合計して税額を計算する方法です。

自分が得た所得全てに当てはまる所得の種類は

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

海外バイナリーオプションで得た利益は「雑所得」に当てはまります。

また国内で得たバイナリーオプションの利益はここには含まれません。

海外バイナリーオプションの税率計算方法

海外バイナリーオプションで得た利益は総合課税で計算されるので

税額合計の計算方法

税額合計 = 所得税 + 復興特別所得税 + 住民税

となります。

またそれぞれの求め方は

所得税、復興特別所得税、住民税の計算方法

所得税 = 課税される所得金額 × 税率 - 控除額
復興特別所得税 = 所得税 × 2.1%
住民税 = 課税される所得金額 × 10% + 均等割(自治体ごと) - 調整控除額

となります。

それぞれの求め方を確認してみましょう。

所得税の税率の求め方

課税される所得金額税率控除額
〜1,950,000円5%0円
1,950,001円〜3,300,000円10%97,500円
3,300,000円〜6,950,000円20%427,500円
6,950,000円〜9,000,000円23%636,000円
9,000,001円〜18,000,000円33%1,536,000円
18,000,001円〜40,000,000円40%2,796,000円
40,000,000円〜45%4,796,000円

復興特別所得税の求め方

所得税額 × 2.1%

住民税の求め方

市区町村民税課税される所得金額×6%均等割(自治体ごとに異なる)
都道府県民勢課税される所得金額4%均等割(自治体ごとに異なる)

国内と海外のバイナリーオプションで税率が違う理由

実は国内と海外のバイナリーオプションは2012年以前は同じものだったのです。

つまり、国内のバイナリーオプションも総合課税だったのです。

しかし、2012年から税制改正修正法が適用されるようになり、国内バイナリーオプションが優遇されるようになりました。

昔は海外と同じ税率でしたが、政府の意向で申告分離課税になったと言うわけです。

海外のバイナリーオプションでは確定申告が不要な場合も?

海外のバイナリーオプションをやっている人で確定申告が不要な場合があります。

今から紹介する条件にさえ合えばもしかしたらあなたも確定申告が不要になるかもしれません。

確定申告が不要と言うことは面倒な計算をしなくてもよいということになります。

ではどのような場合に確定申告が不要になるのでしょうか。

給与以外の所得が20万円以下の場合

源泉徴収をしている会社員の方の年収が2000万円以下の方で、雑所得の合計が20万円以下の方は確定申告が不要です。

雑所得とは、海外バイナリーオプションなどの給料以外の所得のとこを指します。

雑所得が20万円以下の人は、確定申告が不要になる可能性が高い。と言うことになるので、一度確認してみてください。

扶養内の家族で年間所得が38万円以下の場合

扶養されている人に限りますが、扶養されている主婦や学生は38万円の基礎控除があります。

収入が海外バイナリーオプションだけで、38万円以下なら、所得が控除されるので税金が発生しません。

つまり確定申告も不要となります。

しかし、雑所得が38万円を超えた場合は扶養から外れてしまう可能性があります。

扶養から外れるということは、世帯主の税金が増えてしまうので注意しましょう。

バイナリーオプションの確定申告手順

ここまで理解できた方は、一体どうしたらバイナリーオプションの確定申告ができるのか気になると思うので、確定申告の手順を解説します。

バイナリーオプションの確定申告手順はやることが多いので、少し長くなります。

一つ一つしっかりとみていけばバイナリーオプションの確定申告も意外と簡単

諦めず解説する手順に沿って理解していきましょう。

バイナリーオプションの収入を確認する

バイナリーオプションの確定申告を行うために、まずはバイナリーオプションで得た収入を確認します。

海外バイナリーオプションの収入は、バイナリーオプション業者の管理画面から確認することができます。

ハイローオーストラリアを例に見てみましょう。

マイページにログインし「取引履歴」タブを開いてください。

検索期間選択」で1年間を指定しましょう。

ダウンロード」でPDFのマークをクリックします。

これで年間のバイナリーオプションの収入を確認することができる取引履歴を手に入れることができました。

バイナリーオプション取引に関わる経費を計算する

次にバイナリーオプション取引に関わる経費について計算していきます。

バイナリーオプションに関わる支出が経費として計算することができます。

経費として計算することができると言うことは、課税所得の金額を減らすことが可能。つまり節税することができます。

バイナリーオプションに関わる支出をできるだけ計算することによって、節税することができるというわけです。

ではどのようなものが経費として計算することができるのでしょうか。

バイナリーオプションで経費にできる費用って何があるの?

バイナリーオプションで経費にすることによって、節税することができるのはわかったと思います。

しかし、どんなものでもバイナリーオプションの経費として落ちるわけではありません。

バイナリーオプションと関係のない経費を申請してしまうと、場合によっては脱税になってしまう可能性があります。

どのようなものがバイナリーオプションの経費として計算することができるのか理解して、経費を計算できるようになりましょう。

家賃や事務所の賃料を按分

バイナリーオプション取引に利用した家や事務所の家賃を按分することができます。

実際に生活している家でも、バイナリーオプションの取引に利用したスペースの割合を計算して経費として落とすことができます。

バイナリーオプション取引の場所を事務所として借りている場合は、家賃を何割か落とすことが可能です。

一度確認して、バイナリーオプション取引を行なっている家賃について確認してみましょう。

パソコンやタブレット端末などの機器

バイナリーオプションはパソコンやタブレット端末を用いて取引を行いますよね。

その端末やディスプレイやマウス、キーボードなどのバイナリーオプションで使用している周辺機器も経費で計算することができます。

バイナリーオプションに関わるものなので、経費として計算して問題ないということです。

デスクや椅子の費用

バイナリーオプション取引でパソコンやタブレットをデスクの上に置いていると思います。

また椅子に座って取引を行う人がほとんどでしょう。バイナリーオプションに関連する家具に関しても経費として計算することができます。

家具の値段は忘れてしまいがちなので、しっかりと家具の値段を控えておきましょう。

取引に必要なインターネット回線の料金

バイナリーオプション取引ではインターネット回線を用いて取引を行います。

インターネット回線でかかるプロバイダに支払う費用はもちろん、バイナリーオプション取引に関係がある費用ですよね。

【バイナリーオプションの経費として計算することが可能】というわけです。

iPhoneやスマホで取引している場合の携帯代

海外バイナリーオプション業者はiPhoneやスマートフォンなどの端末からアプリを用いての取引が可能になります。

ハイローオーストラリアではAndroid端末用のアプリがあり、バイナリーオプション取引することもできます。

バイナリーオプションに関わる費用なのでiPhoneやスマートフォンの携帯代も経費として計算しましょう。

バイナリーオプションの勉強に必要な書籍や雑誌代

バイナリーオプション取引では書籍や雑誌などの参考書類が多く発売されています。

書籍を用いて勉強する。という方もいると思いますが、その場合の書籍費用を経費として計算することができます。

バイナリーオプション取引では取引手法や戦術など勉強することが多いので、勉強代も経費で計算することができるというわけです。

セミナーの参加費用

バイナリーオプション取引を勉強する際に、本や雑誌などの書籍以外でもセミナーに参加して勉強する。といった方法もあるでしょう。

セミナーに参加する際の費用も、バイナリーオプションの経費として計算することができます。

セミナーに参加する際は領収書を持っておくなど、後から金額がわかるようにしておきましょう。

取引業者との接待費用

取引業者との接待に使用する費用も実は経費で計算することができる場合があります。

取引業者などの接待は、バイナリーオプション取引において関係性があると認識される。】といった可能性があります。

取引業者との接待費用もバイナリーオプションに関係するということになるので経費として計算することができます。

情報交換のための交際費用

バイナリーオプション取引では、情報を用いて取引を行うことがあります。

世界の情勢や世の中のイベント、その他経済的なニュースによって為替が動くことも少なくありません。

つまり、情報交換のための交際費用もバイナリーオプションに関係するといった判断ができると言うわけです。

バイナリーオプションの取引に使用したツール代

バイナリーオプション取引では分析や戦術のためにツールを用いることがあります。

ツールの中には有料なものもありますが、ツールの料金もバイナリーオプションの経費で計算することができます。

インストール型のツールやオンライン型のブラウザ上で動くようなツールも経費として計算しても問題ありません。

経費として計上できない費用に要注意!

バイナリーオプションの経費としてほとんどの場合は計算することができますが、一部経費として計算することができないものもあります。

例えば、家族との海外旅行やマッサージ店など完全プライベートなことは経費として計算することができません。

完全なプライベートまでは経費ではないと判断されてしまいます。

バイナリーオプションの経費として全く関係のないような費用は、経費として計算することができない。というわけです。

収入から経費を差し引いた所得を計算する

バイナリーオプションでの収入と経費を計算することができたので、所得を計算していきます。

収入と所得は似ている言葉ですが、違いがあります。それは、

所得は収入から経費を差し引いた金額

というわけです。

つまり所得の計算方法は

所得計算方法

所得 = 収入 ー 経費

というように表すことができます。

ここで計算した所得が

給与以外の所得が20万円以下の場合
扶養内の家族で年間所得が38万円以下の場合
利益が出ていない

場合は確定申告が不要になります。

確定申告に必要な書類を全て揃える

次に確定申告に必要な書類を全て揃えましょう。

確定申告に必要な書類はこちら

確定申告に必要な書類
  • バイナリーオプションの年間取引履歴
  • 源泉徴収票(勤務先がある場合)
  • 火災保険や地震保険の明細書
  • 住宅ローン残高証明書
  • 医療費の領収書

全て確定申告に必要な書類となるので一つ一つ解説していきます。

全て揃えなければ、確定申告を行うことができないことがあるので注意しましょう。

バイナリーオプションの年間取引履歴

前述した手順で、バイナリーオプションの年間取引履歴を取得します。

取得したバイナリーオプションの年間取引履歴を元に、確定申告書を作成します。

つまりバイナリーオプションの年間取引履歴をそのまま提出する必要はありません。

自分で作成するということは自己申告のような形になりますが、バイナリーオプション業者から税務署に申請が届くので不正の無いように記入しましょう。

源泉徴収票(勤務先がある場合)

会社員なら会社から「源泉徴収票」が渡されます。確定申告は毎年3月15日までに提出するので、会社からは年始ごろに渡されるとことが多いです。

源泉徴収票に給与などの確定申告書の記入に必要な情報が記載されているので、内容を見ながら確定申告書を記入しましょう。

転職している方は、前の会社の源泉徴収票も必要になるので注意しましょう。

火災保険や地震保険の明細書

火災保険や地震保険など、保険料に関する控除を保険料控除と言います。

保険料を申告することによって節税することができるので、自分が入ってる保険を見直してください。

国民年金や国民健康保険、生命保険などの保険も対象となるので保険料控除を利用する際に確定申告と一緒に提出します。

住宅ローン残高証明書

住宅ローン残高証明書は住宅ローン控除を利用する場合必要になります。住宅ローン控除は基本初年度のみ確定申告で必要になります。

必要なもの
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 住民票の写し
  • 建物・土地の登記事項証明書
  • 建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し
  • 金融機関の住宅ローンの「残高証明書

医療費の領収書

医療費の領収書は、医療費控除を利用する時に必要になります。医療費の領収書も確定申告の時に一緒に提出します。

医療費も申告することで節税することができるというわけです。領収書など医療にかかった金額がわかるようなものが必要になるので、残しておきましょう。

確定申告書を作成する

確定申告を作成するには国税庁のホームページから書類をダウンロードします。

開業届を出している場合には登録先の住所に申告書が届くので注意してください。

まず国税庁のサイトの確定申告書等作成コーナーのサイトにアクセスします。

作成開始をクリックし、申告書提出方法を選択しましょう。

こちらの画像をご覧ください。

提出方法はこちらの3つです。

申請方法
  • e-Taxで提出(マイナンバーカード方式)
  • e-Taxで提出(ID・パスワード方式)
  • 印刷して提出

どれでも良いのですが、一番簡単なのが「印刷して提出」です。

次に利用規約に同意し、所得税を選択し

作成を始める前の質問に答えて次に進みましょう。

収入金額を記載する

次に該当する収入や控除について入力します。

会社員などで所得があれば給与の欄、不動産所得があれば不動産の欄、その他自分に当てはまるところがあれば、入力してください。

バイナリーオプションの収入は雑所得欄に記載する

海外バイナリーオプションは雑所得に該当します。

海外バイナリーオプションの収入は雑所得の欄のその他の欄に記入する。ということです。

バイナリーオプションの経費を記載する

バイナリーオプションで経費として計算することができるものの合計を記載します。

前述した通り、バイナリーオプションで経費として計算することができるのは以下の通りです。

経費として計算できるもの
  • 家賃や事務所の賃料
  • パソコンやタブレット端末などの機器
  • デスクや椅子の費用
  • 取引に必要なインターネット回線の料金
  • iPhoneやスマホで取引している場合の携帯代
  • バイナリーオプションの勉強に必要な書籍や雑誌代
  • セミナーの参加費用
  • 取引業者との接待費用
  • 情報交換のための交際費用
  • バイナリーオプションの取引に使用したツール代

10万円以上のパソコンや家具は減価償却扱いになる

パソコンや家具などは減価償却資産に該当するため、注意が必要です。

年数が経過することによってものの価値が減少する資産のことを減価償却資産といいます。

減価償却資産に当てはまるものを購入した場合、一度に経費として計上することができません。減価償却資産別に定められた耐用年数で分割計上します。

減価償却の計算に必要な減価償却率や按分方法、耐用年数などはこちらの国税庁のホームページを参考にしましょう。

所得から差し引ける控除額を記載する

確定申告では、あらゆる控除を受けることができます。

所得から差し引かれる金額の項目は以下の通りです。

所得から差し引ける控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄附金控除
  • 寡婦、ひとり親控除
  • 勤労学生、障害者控除
  • 配偶者(特別)控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

各記入欄に自分の該当する金額を記入しましょう。

最後に控除金額の合計を計算し、一番下の欄に記入します。

合計金額によって納税額が変わる

納税額は課税される所得の合計金額によって変わります。

自分の収入によって変わるので下の表をもとに計算してみてください。

(B)は千円未満の端数切り捨て

給与等の収入金額(A)給与所得の金額
〜650,999円0円
651,000円〜1,618,999円(A)ー650,000円
1,619,000円〜1,619,999円969,000円
1,620,000円〜1,621,999円970,000円
1,6220,000円〜1,623,999円972,000円
1,624,000円〜1,627,999円974,000円
1,628,000円〜1,799,999円(A)÷4=(B),(B)×2.4
1,800,000円〜3,599,999円(A)÷4=(B),(B)×2.8ー180,000円
3,600,000円〜6,599,999円(A)÷4=(B),(B)×3.2ー540,000円
6,600,000円〜9,999,999円(A)×0.9ー1,200,000円
10,000,000円〜(A)×0.95ー1,700m000円

まとめ:バイナリーオプションは確定申告で賢く節税

バイナリーオプションの確定申告では、確定申告書の提出まで必要な書類がいくつもあります。

しかし、バイナリーオプションで必要な経費や控除することができる金額を正しく記載することで、節税することができる。というメリットがあります。

バイナリーオプションで収入をあげていくことだけでなく、確定申告の知識をつけることで結果的に利益を上げることができます。

賢く節税して、バイナリーオプションで利益をあげていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です