【高勝率】バイナリーオプション攻略におすすめの酒田五法はコレ

6 min 52 views
酒田五法バイナリー

投資のテクニカル分析でかなり昔から使用されている酒田五法。

よくある質問
  • 「バイナリーオプションで使える酒田五法って何?」
  • 「バイナリーオプションで酒田五法を使って勝率を上げる方法はあるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションで使える酒田五法とは?
  • 酒田五法5つのチャートパターンを徹底解説!
  • バイナリーオプションで酒田五法を活用する時のポイント
  • 酒田五法を使って勝率を上げよう

の順で解説していきます。

酒田五法は覚えることが多いので大変かもしれませんが、この知識を頭に入れてトレードすることで勝率を上げることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

バイナリーオプションで使える酒田五法とは?

酒田五法とは、江戸時代に山形県出身の相場師である本間宗久によって考案されたテクニカル指標です。

山形の酒田市出身であることから「酒田五法」と名付けられました。

元々は、江戸時代に米相場を読むために考案したものですが、投資家心理の本質は変わらないので、バイナリーオプションでも活用することができます。

具体的には、ローソク足のチャートパターンを5つに分けて相場の転換点を予想するテクニカル手法です。

かなり昔の手法ではありますが、現代でもかなり有効的な手法であることは間違いありません。

酒田五法5つのチャートパターンを徹底解説!

酒田五法はその名の通り、以下の5つのチャートパターンに分けられています。

酒田五法
  • 三山(さんざん)
  • 三川(さんせん)
  • 三山(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

この5つをそれぞれ2つに分けて合計10つが酒田五法。

では、それぞれのパターンを実際にチャート画面を使って解説していきます。

三山

三山(さんざん)は、トリプルトップとも呼ばれており、その名の通り3つの山を形成しているような相場を指します。

上昇トレンドでこの「三山」が出現したら上昇の勢いが弱くなったサインです。

3回高値に挑戦したけど、結局失敗。もう上がる見込みがないためFXトレーダーが損切り、売りを入れるタイミングになる。その結果、相場は下落していきます。

バイナリーオプションでは、このタイミングで逆張りエントリーを狙っていきます。

三山を細かく2つのパターンに分けることができます。

  • 三山のパターン①:三尊
  • 三山のパターン②:宵の明星

それぞれのパターンを紹介していきます。

三尊

三尊(さんぞん)とはヘッドアンドショルダーとも呼ばれており、3つの山の高さが違う三山と思っていただければイメージしやすいでしょう。

基本的な考え方も三山と同じです。3つの山の中で真ん中の山が高く、両脇の山の高さが少し低いのが三尊。

人間の頭(ヘッド)と肩(ショルダー)に似ていることからへッドアンドショルダーと呼ばれるようになりました。

1度高値に挑戦するも失敗。再度高値に挑戦し多少更新するも失敗。3回目の挑戦は2回目の高音を更新することができない。もう高値に挑戦する力が残っていない。

つまり、上昇トレンドが終わり下落していく可能性が高いということです。

宵の明星

宵の明星(よいのみょうじょう)とは、高値付近に上昇した際に窓を開けてコマ足、もしくはトンカチが出現したパターンを指します。

コマ足やトンカチが出現する際の投資家心理としては、「相場の方向性を見失っている」と考えてトレンド転換を示すサインでもあるのです。

窓とは、前日の終値と当日の始値が重ならないでてきた空間のことを指します。

窓を開けると、その窓を埋めにいくという心理が働くので、下落する可能性が高まります。

三川

三川(さんせん)はトリプルボトムとも呼ばれており、三山の逆で3つの山をひっくり返したような相場を指します。

下降トレンドでこの三川を形成したら、下降の勢いが弱くなったサインです。

3度安値に挑戦したが結局失敗。もう下がる見込みがないのでFXトレーダーが損切り、買いを入れるタイミングになるので相場は上昇する可能性が高くなります。

サポートラインを引いて逆張りを狙っていきたいポイントです。

三川を細かく2つのパターンに分けることができます。

  • 三川のパターン①:明けの明星
  • 三川のパターン②:逆三尊

それぞれのパターンを紹介していきます。

明けの明星

明けの明星(あけのみょうじょう)とは、宵の明星と逆パターンの相場を指します。

安値付近まで下落した際に、窓を開けてコマ足、もしくはトンカチが出現したパターンです。

安値付近で窓を開けると、窓埋めを含めて相場が上昇していくサインになります。

逆三尊

逆三尊とは、ヘッドアンドショルダーボトムとも呼ばれており、その名の通り三尊の逆パターンの相場を指します。基本的な考え方は三川と同じです。

3つの山の中で真ん中の山が低く、両脇の山の高さが少し高いのが逆三尊。

1度安値に挑戦するも失敗。再度、安値に挑戦し多少更新するも失敗。3回目の挑戦は、2回目の安値を更新することができないのが逆三尊です。

もう安値に挑戦する力が残っていない。

つまり、下降トレンドが終わり上昇していく可能性が高いということです。

三兵

三兵(さんぺい)とは同じローソク足が3本連続続くチャートパターンのこと。

三山と三川では、トレンドの転換点を見極めて逆張りで使用することが多い手法

一方、三兵はトレンド転換した後に順張りで狙っていく手法です。

三兵も2つのパターンに分けられます。

  • 三兵のパターン①:赤三兵(あかさんぺい)
  • 三兵のパターン②:黒三兵(くろさんぺい)

それぞれのパターンを紹介していきます。

赤三兵

赤三兵とは陽線が3本連続並んでいるチャートパターンを指します。

赤=陽線と覚えてください。

下降トレンドが終わった安値付近で赤三兵が出現したら上昇トレンドに転換したサインです。

しかし、上髭を頻繁につけている場合は要注意!

下降トレンドの戻り売りの状態で下降トレンドを継続する可能性があるからです。

赤三兵の買いパターンが失敗することを「赤三兵の行き詰まり」と呼びます。

黒三兵

黒三兵とは赤三兵と逆で陰線が3本連続並んでいるチャートパターンを指します。

黒=陰線と覚えてください。

上昇トレンドが終わった高値付近で黒三兵が出現したら下降トレンドに転換したサインです。

しかし、下髭を頻繁につけている場合は要注意!

上昇トレンドの押し目の状態で上昇トレンドを形成する可能性があるからです。

黒三兵の売りパターンが失敗することを「黒三兵の行き詰まり」と呼びます。

三空

三空(さんくう)とはローソク足とローソク足の間に空間(空)ができるチャートパターンを指します。

滅多にない場面ではありますが、三空が出現する場面はかなり強いトレンドを形成しやすいという特徴があります。

先ほど紹介した三兵よりも強い根拠になるのです。

三空も2つのパターンに分けられます。

  • 三空のパターン①:三空踏み上げ
  • 三空のパターン②:三空叩き込み

それぞれのパターンを紹介していきます。

三空踏み上げ

三空踏み上げとは、4本のローソク足が連続陽線で、かつ、4本のローソク足の間で空を作り上昇していくパターンのこと。

かなり上昇の勢いが強いサインではありますが天井打ちを意味します。

上昇の最後の力を振り絞ったイメージですね。トレンドの転換サインなので、反発して下降トレンドになる可能性が高くなります

バイナリーオプションでは、基本的に逆張りで使用するので、Lowエントリーを狙っていきましょう。

三空叩き込み

三空叩き込みとは、4本のローソク足が連続陰線で、かつ、4本のローソク足の間で空を作り下降していくパターンを指します。

かなり下降の勢いが強いサインではありますが底値打ちを意味します。

下降の最後の力を振り絞ったイメージですね。トレンド転換サインなので、反発して上昇トレンドになる可能性が高くなります

バイナリーオプションでは、基本的に逆張りで使用するのでHighエントリーを狙っていきましょう。

三法

三法とは、相場は必ず「買い」「売り」「休み」を繰り返すという考え方

「買い」「売り」だけではなく、酒田五法では「休み」も重要であると考えられています。

今までのパターンよりも難しくなりますが、相場全体の流れを掴むために三法はかなり重要です。

三法も2つのパターンに分けられます。

  • 三法のパターン①:上げ三法
  • 三法のパターン②:下げ三法

それぞれのパターンを見ていきましょう。

上げ三法

上げ三法とは、陽線の後に小さな陰線を挟んで、前の陽線の高値を更新した場合のチャートパターンを指します。ローマ字の「N」のようなチャートですね。

「買い」→「休み」→「買い」という相場の流れで、この上げ三法は上昇トレンドの兆しを表します。

間の「休み」は一部のトレーダーの利確によって発生する調整のサイン

酒田五法では、この「休み」の場面では、休んだ方が良いという考え方になります。

下げ三法

下げ三法とは、陰線の後に小さな陽線を挟んで、前の陰線の安値を更新した場合のチャートパターンを指します。

「売り」→「休み」→「売り」という相場の流れで、この下げ三法は下降トレンドの兆しを表します。

先ほども紹介した通り、間の「休み」は利確による調整のサインです。

この休みの次の足に注目するようにしましょう!

バイナリーオプションで酒田五法を活用する時のポイント

バイナリーオプションで酒田五法を活用する際は、以下の2つのポイントを意識してください。

酒田五法を活用する際のポイント
  • 酒田五法が高値圏・安値圏で発生しているか
  • パターンごとにしっかり区別すること

今回紹介した酒田五法のパターンは全て高値圏・安値圏で発生していることを前提としたものです。

つまり、トレンドでのエントリーが増えます。逆に、レンジで酒田五法のチャートパターンが出現しても信頼性は高くありません

しっかりトレンドで発生しているかを確認するようにしてください。

そして、パターンごとにしっかり区別することが大切。

例えば、三川が出現している時に、同時に黒三兵が出現した場合、完全に予想が矛盾してしまいます

三川では、トレンドの転換でこれから相場が上昇していく。一方、黒三兵では強いトレンドで下落していくという考え方です。

このような場合、どちらを信用すればよいかわからなくなってしまいます。

それぞれのチャートパターンはしっかり区別して考えて、迷った時は他のテクニカル指標からどちらが合っていそうかを確かめるようにしましょう!

酒田五法を使って勝率を上げよう

酒田五法というのは、相場の全体的な流れを予想したテクニカル分析。

もともとバイナリーオプションの手法として開発されたものではないので、単体ではどうしても根拠に欠けます

そこで、他のテクニカル指標と組み合わせることで勝率を上げることができます

酒田五法では順張り、逆張り、それぞれのパターンによって手法が異なるので組み合わせるインジケーターも変えることが必須。

トレンドに沿った順張りを狙うのであればボリンジャーバンドや一目均衡表などのトレンド系のインジケーターを使う。

逆に、トレンド転換の逆張りを狙うのであれば、RSIやストキャスティクスなどのオシレーター系のインジケーターを使う。

このように、酒田五法はパターンを分析して単体で使うよりも、

他のインジケーターと組み合わせて使うことでさらに根拠を強めて勝率を上げることができるので、まずは好きなインジケーターを組み合わせてみましょう!

まとめ

今回はバイナリーオプションで使える酒田五法について解説してきました。

まずは酒田五法のそれぞれのパターンをおさらいしておきましょう。

酒田五法の分析方法
  • 三山:上昇トレンド転換
  • 三川;下降トレンド転換
  • 赤三兵:上昇トレンド転換
  • 黒三兵:下降トレンド転換
  • 三空踏み上げ:相場の天井
  • 三空叩き込み:相場の底値
  • 上げ三法:上昇トレンド転換
  • 下げ三法:下降トレンド転換

主にトレンド転換で使用することが多いので、バイナリーオプションで逆張りトレードをしている方は、酒田五法の考え方を取り入れてみるのもよいかもしれません。

とはいえ、酒田五法だけでエントリーするというのは根拠が弱く勝率がそこまで高くないので他のテクニカル指標と組み合わせて使用するようにしましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です