【攻略】バイナリーオプションでRCIを使ったエントリー方法まとめ

7 min 51 views
バイナリーオプションRCI

バイナリーオプションで人気のテクニカル指標であるRCI。

よくある質問
  • バイナリーオプションでよく使われているRCIってどんなインジケーター?
  • バイナリーオプションでRCIを使うメリットは?
  • バイナリーオプションでRCIを使う方法を教えて欲しい。

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションのRCIとはどんなインジケーター?
  • バイナリーオプションでRCIを使うメリット
  • バイナリーオプションRCIのダウンロード方法と基本設定
  • バイナリーオプションRCIの確認すべき3つのポイント
  • バイナリーオプションでRCIを使ったエントリー方法

の順で解説していきます。

盛りだくさんの内容となっておりますので、この記事を読むことでRCIの使い方をマスターできるはずです。ぜひ最後までご覧ください!

バイナリーオプションのRCIとはどんなインジケーター?

RCIは、Rank Correlation Indexの略で順位相関関係と呼ばれているテクニカル指標

一定期間の終値に上昇順位をつけて、その期間の日数とどれだけ相関関係があるのかを数値化したインジケーターで、トレンドの始まりがわかります。

時間と価格に正の相関がある時には上昇トレンドがあり、負の相関がある時には下降トレンドがあるという見方が可能です。

RCIは、+100%から-100%の間を推移し、

・ +100に近づくと相場が買われすぎ

・ -100%に近づくと相場が売られすぎ

の状態にあると判断できます。

名前の通り、RSIと勘違いする人が多いですが、全く別のインジケーターです!間違えないように注意しましょう。

バイナリーオプションで使用するRCIの計算方法

RCIは計算式は以下のように形成されています。

RCIの計算式

RCI={1-6d / n(n² -1 )} × 100

d:日付の順位と価格の差を2乗し、合計した数値

n:期間

計算式自体はかなり複雑なので、正確に覚える必要はないでしょう。

重要なポイントは相場のどこを見て計算しているのか。そして、数値と相場の関係性はどうなっているのかです。

前述した通り、

RCIの数値が+100に近づく→価格が上昇→上昇トレンド

RCIの数値が-100に近づく→価格が下落→下降トレンド

このようになります。

バイナリーオプションのRCIは相場の動きがわかりやすい

前述した計算式からも分かるとおり、両方の順位が一致しやすい時は正の相関があって上昇傾向が見られると解釈できます。

逆に、価格の上下動が少し起こるとdが小さくなるのでRCIも小さくなりマイナスの値に転じるので、下降傾向が見られると解釈できます。

RCIの計算式は順位の差の絶対値で取っているのではなく、2乗を計算していることがポイント。

2乗にすることで順位の差が大きかった時にdが飛躍的に大きな値を示すようになるからです。

そのため、RCIは順位の乱れを起こすような値動きに対する感度が高く、価格が上がり始める、あるいは下がり始めるタイミングを見極めるのに有効と言えるでしょう。

バイナリーオプションでRCIを使うメリット

では、RCIを使うとどんなメリットがあるのでしょうか。

ここからはRCIを使うメリットをご紹介していきます。

どんなインジケーターにも使うメリットとデメリットが存在します。

それぞれのインジケーターの特徴を理解して使うかどうかの判断をしていくことが大切です。

メリット

RCIの大きなメリットといえば、相場の過熱感やエントリータイミングが視覚的に捉えられる点です。

前述した通り、RCIは+100に近づけば買われすぎ、-100に近づけば売られすぎと判断することができます。

この考え方を利用すれば、

RCIが+100以上を推移:LOWエントリー

RCIが-100以上を推移 :HIGHエントリー

というようなシンプルな逆張り手法が完成。

またオシレーター系のテクニカル指標としては珍しく、相場の動きに合わせた順張りと、市場の動きの逆を狙う逆張り、どちらにも対応できます。

自分に合った手法を見つけていきましょう!

バイナリーオプションRCIのダウンロード方法と基本設定

では、ここからバイナリーオプションでRCIを使うための設定をしていきます。

RCIはデフォルトで搭載されていないインジケーターなので外部サイトからダウンロードしなければなりません

ですので、少し大変かもしれませんが一緒に設定していきましょう。

RCIのダウンロード・基本設定
  • RCI設定方法①:MT4のダウンロード
  • RCI設定方法②:RCIのダウンロード
  • RCI設定方法③:基本設定
  • RCI設定方法④:期間設定
  • RCI設定方法⑤:インジケーター設定

以上の、5つの設定をそれぞれ解説していきます。

RCI設定方法①MT4のダウンロード

RCIを使うためには「MT4」という分析ツールが必要です。

RCIだけではなく、バイナリーオプションで稼ぐためには必須アイテムですので、まだお持ちでない方はこれを機にダウンロードしておきましょう。

MT4は基本的にFXのトレードで使うものですが、バイナリーオプションのチャート分析にも使えます。

MT4には、「リアル口座」「デモ口座」の2つがあります。

FXのトレードで利用する場合にはリアル口座の開設が必須ですが、バイナリーオプションの分析用として使うのであればデモ口座で十分です。

無料ですし、簡単にダウンロードできますので、準備しましょう!

RCI設定方法②RCIのダウンロード

MT4のダウンロードが完了したら、次にRCIをダウンロードしていきます。

基本的に、MT4にはデフォルトでたくさんのインジケーターが入っていますが、RCIは入っていません。

なので、外部からRCIをダウンロードしてMT4に挿入していきましょう。

「abysse」という各種、便利なインジケーターが入手できるサイトがあります。

そのサイトにアクセスして、「RCI mtf ex4」をクリックしてください。(クリックした時点で自動的にダウンロードが開始されます。)

「RCI mtf ex4」はあくまで基本的なインジケーターなので1本のRCIしか表示されません。

このサイトには他にもたくさんの便利インジケーターがあるので、色々調べてみてください!

RCI設定方法③基本設定

MT4にRCIがダウンロードすることができたら、さっそくチャートに設定していきましょう。

インジケーターをチャート上に表示する方法は2つあります。

自分がやりやすい方で結構です。

RCIの設定方法①

「ナビゲーター」→「カスタム」→「RCI mtf」をドラッグでチャート上に表示

RCIの設定方法②

「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「RCI mtf」

ただこれで完了ではありません。

インジケーターを挿入する際は、細かい設定をする必要があります。

RCI設定方法④期間設定

ではRCIの「期間」を設定していきましょう。

バイナリーオプションでRCIを使用するのであれば、短期取引用に期間も短めに設定することをおすすめします。

「RCI mtf」の場合は、【パラメーター入力】の「RCI_Period」が期間設定に該当します。

基本的には短期は9、中期26、長期52。

1本だけで使うのであれば26あたりがバランスがとれて良いでしょう

最初はどのような違いがあるかわからないと思うので、複数の期間を試してみて、期間を変更することで、どう変わるのかを確認しておくと良いかもしれません。

RCI設定方法⑤インジケーター設定

ここまで設定したらインジケーターを挿入できます。

このほかにレベル表示やインジケータの色を変更することができますが、初めてRCIを使う方はそのままで大丈夫です。

今後、色々使い方を工夫してみたい方は慣れてから試してみてください。

全ての設定が完了したら、【OK】をクリックすればRCIの挿入が完了。

上記のようにRCIがチャートの下に表示されればOKです。

バイナリーオプションRCIの確認すべき3つのポイント

バイナリーオプションでRCIを使う際に確認して欲しい点は3つ。

バイナリーオプションRCIの確認すべき3つのポイント
  1. 相場の反発サインを確認
  2. 3種類の移動平均線を確認
  3. 短期移動平均線を確認

この3つのポイントをしっかり確認することで、さらに根拠を強めることができます。

以上、3つの確認すべきポイントについて解説します。

ポイント①相場の反発サインを確認

これまで何度も説明してきていますが、直近の相場の反発具合を確認していきます。

  • RCIが+100付近を推移(買われすぎ)
  • RCIが-100付近を推移(売られすぎ)

これらの買われすぎ・売られすぎ水準をもとに逆張りするのが基本です。

売られすぎ・買われすぎ水準にあるということは、投資家心理としても、そろそろ転換するのでは?と考えたくなるポイントですからね。

とはいえ、必ず反発するとは限りません

投資家としては注目するポイントでもあるので、何かしら相場に影響を及ぼすことが多いのは確かです。

相場の状況によって、反発するかどうかは変わってきますので、しっかり見極めていきましょう。

ポイント②3種類のRCIを確認

RCIは1つでも分析することが可能。

ですが、複数の期間設定でRCIを利用することが現在の主流となっています。

期間を変えることで、「何本のローソク足を参照して数値を算出するか」が変わります。

つまり、RCIの期間を大きくするほど、参照するローソク足の数が多くなるので、上下動も緩やかです。逆に、期間を小さくすることで参照するローソク足の数が少なくなるので、上下動が激しくなります。

期間が短いRCIは値動きに敏感に反応できることがメリットで、騙しが多くなるということがデメリットです。

期間が長いRCIは、騙しが少なくなることがメリットで、値動きに敏感に反応できなくなるということがデメリット。

複数期間のRCIを組み合わせることでそれぞれのデメリットを補うことができます。

短期9・中期26・長期52のRCIを設定して確認してみましょう。

ポイント③短期移動平均線とローソク足のクロスを確認

相場の状況をさらに掴むためには短期移動平均線がかなり便利です。

具体的には、短期移動平均線を抵抗線がわりに使って見極める方法

短期移動平均線よりもローソク足が上にある状態から、下落して移動平均線にタッチ。

これは、上昇トレンドの中の押し目のような場面になるので、この場面でHIGHエントリー。

逆に、短期移動平均線よりもローソク足が下にある状態から、上昇して移動平均線にタッチ。これは、下降トレンドの中の戻り売りのような場面になるので、この場面でLOWエントリー。

このポイントを確認することで、RCIがより使いやすく、そして勝率を上げられることができるでしょう。

実際にバイナリーオプションでRCIを使ってエントリーしよう

ここまで読んで頂いた方はRCIについてある程度理解できたことでしょう。

では、ここからは実際にRCIを使ったエントリー方法について解説していきます。

RCIを使ったエントリー手法
  • RCIとRSIを組み合わせたエントリー
  • RCIとMACDを組み合わせたエントリー

RCIは単体で使用しても良いのですが、他のインジケーターと組み合わせることでさらに根拠を強めることができます。

実際にRCIを使って勝率を上げていきましょう!

RCIとRSIを組み合わせたエントリー

まずはRCIとRSIを組み合わせたエントリー手法です。

RSIはバイナリーオプションでもかなり人気のインジケーターなのでイメージしやすいでしょう。

RSIは逆張りで使われることが多いので、この手法も逆張りになります。

RCIとRSIを組み合わせたエントリー手法
  • RCIが+100以上+RSIが70以上:LOWエントリー
  • RCIが-100以下+RSIが30以下:HIGHエントリー

一般的な使い方は同じ2つのインジケーターですが、組み合わせることでさらに根拠を強くしていきます。

初心者の方でもすぐに再現できますので、まずはデモトレードで勝率を確かめていきましょう!

RCIとMACDを組み合わせたエントリー

次は、RCIとMACDを組み合わせたエントリー手法です。

MACDもかなり人気のインジケーターなので、イメージはしやすいでしょう。

こちらはトレンド始めを狙った順張り手法になります。

RCIとMACDを組み合わせたエントリー手法
  • RCIが+100から下に抜ける+MACDがデッドクロス:LOWエントリー
  • RCIが-100から上に抜ける+MACDがゴールデンクロス:HIGHエントリー

RCIは逆張りだけではなく順張りでも使用できるかなり優秀なインジケーターなので、順張り手法も紹介しておきます。

エントリータイミングは先程の手法と比べると難しいかもしれません。

とはいえ、慣れればかなり使いやすい手法ですので、デモトレードで練習してみましょう!

まとめ:バイナリーオプションのRCIでは長期トレンドにエントリー

今回はバイナリーオプションで人気のRCIについて解説しました。

今回の内容を踏まえて、バイナリーオプションでRCIを使う際は長期トレンドでエントリーしていくのがおすすめです。

ポイントは長期トレンドであること。

特に初心者の方が短期トレンドで勝負しようとすると騙しにあう回数が増えてしまい勝率がなかなか上がりません。

長期トレンドであればチャンス自体は少なくなるかもしれませんが騙しにあう回数は少なくなるので、初心者でも高勝率を狙うことができるはずです。

今回の内容を踏まえてRCIの使い方をマスターしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です