バイナリーオプションの国内業者ってどうなの?海外業者と比較!

5 min 59 views
バイナリーオプション国内・海外

「バイナリーオプション業者は国内と海外で違いがある」

よくある疑問
  • バイナリーオプションの業者って国内にもあるし海外にもあるんだけど何が違うの?
  • 国内と海外のメリットとデメリットってなに?

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には

本記事の概要
  • バイナリーオプション国内と海外の違いを徹底検証!
  • バイナリーオプション業者の国内と海外それぞれのメリット・デメリット
  • バイナリーオプション業者のおすすめ

の順で解説していきます。

国内や海外でのバイナリーオプション業者を比較し、メリットデメリットを明確にすることが出来るので、ぜひご覧ください。

バイナリーオプション国内と海外の違いを徹底検証!

結論から言うと、バイナリーオプション業者の国内と海外の違いは2つあります。

1つ目は「業者が金融庁の認証を受けているかどうか。」2つ目は「運営の拠点が日本国内にあるかどうか。」です。

金融庁の許可拠点場所
日本認可あり日本国内
海外認可なし海外

国内で拠点を置いてバイナリーオプション取引を提供する場合、金融庁の許可を受けなければサービスを提供することができません。

つまり金融庁の許可を受けた業者のみ取引サービスを提供することができます。

一方海外に拠点を置く取引業者は金融庁の認可は受けていません。よって拠点を置く国の金融取引法に沿ってサービスを提供しています。

バイナリーオプションを取り扱う日本国内の主な取引業者

バイナリーオプションの取引サービスを行う業者は国内にたくさんあります。

日本国内の主な取引業者を一覧にまとめましたので、ご覧ください。

国内の主な業者
  • GMOクリック証券(外為オプション)
  • みんなのオプション
  • LION BO(ヒロセ通商)
  • FXプライム
  • YJXF(オプトレ)
  • 外為どっとコム
  • IG

こちらの企業は、金融庁の認証を受けてサービスを提供しています。また拠点も日本国内に置いてある。ということです。

拠点が日本に置いてあるということは、取引に安心感があります。

バイナリーオプションを取り扱う海外の主な取引業者

バイナリーオプションを取り扱う取引業者は、海外をみたら数え切れないほど存在します。

その中で人気の海外バイナリーオプション業者をみていきましょう。

海外の主な業者一覧
  • Highlow.com
  • FIVE STARS MARKETS
  • JET OPTION
  • THE BINARY

これらがバイナリーオプションで人気の海外業者です。

海外の取引業者だと

海外業者の不安
  • 「全部英語なんて無理」
  • 「日本語使えないんじゃ…」

という不安を持つ方が多いです。しかし海外業者の多くは日本語をサポートしています。

運営拠点が海外にあるからと言っても日本語での対応も可能なので、言語の面で不安を持つことはありません。

よって国内と海外のバイナリーオプションの取引業者の主な違いは、【金融庁の認可を受けているかどうか】になります。

バイナリーオプション業者の国内と海外それぞれのメリット・デメリット

ではバイナリーオプション業者の国内と海外のメリット・デメリットについて解説していきます。

バイナリーオプションの取引業者は、国内と海外で特徴がはっきりと分かれており、取引を行う上で重要なポイントとなります。

いくらバイナリーオプションでの取引を勉強したとしても、自分にあっていない業者で取引を行なってしまうと自分の実力を全て発揮することが出来ません。

バイナリーオプション取引を行う環境作りといってもいいのが、取引業者選びです。

今後のバイナリーオプションでの取引を行う上で環境が悪いと勝てる勝負もできない可能性があるので注意してください。

国内業者のメリット・デメリット

バイナリーオプション国内業者のメリット・デメリットについて解説します。

国内業者は「国内に運営拠点がある」、「金融庁の認可を受けている」という特徴がありました。

国内業者の特徴から、国内業者でのメリット・デメリットが生まれます。

では運営拠点が国内にあることや、金融庁の認可を受けることで発生するメリット・デメリットとは、いったい何でしょうか?

あなたに合ったメリット・デメリットなのかどうかを、しっかり考えながら見ていきましょう。

メリット

まずは国内業者のメリットから見ていきましょう。

国内業者のメリット
  • 金融庁に認可されているため、取引が安全にできる
  • 信託保全の義務化により、預けている資金の管理が徹底されている
  • 支払う税金が申告分離課税となり、損益通算が可能になる

といったメリットがあります。金融庁の認可を受けている影響が大きく特徴に表れています。

国内業者では取引の安全性や、資金管理においての安全性が確保されています。なので【トレーダーにとって安心できる要素が多い】という特徴があります。

また税金の面でも節税することが出来るのは、トレーダーにとって有利に働くことは間違いないでしょう。

デメリット

では国内業者におけるデメリットについても見ていきましょう。

国内業者のデメリット
  • 1日最大12回しか短時間取引することができない
  • 値幅を予測する取引を行う必要があり、初心者にはレベルが高い
  • 口座開設を行うためには知識テストに合格する必要がある
  • 払い戻しに規定があり、大きなリターンを狙うことができない
  • 取引銘柄が海外業者に比べて少ない

国内業者は、トレーダーの安全性を重視した結果、バイナリーオプションでの取引自由度が低い】というデメリットを持ちます。

1日12回の短期取引しかできない点や払い戻しの規定、銘柄が少ない点などを考えると、思ったように取引が出来ないと考えることができます。

また口座解説の知識テストに合格する必要があることも、トレーダーにとってはデメリットでしょう。

バイナリーオプション取引に特化した勉強をしたいのに、口座解説の知識テストに向けてある程度時間を割かなければいけません。

海外業者のメリット・デメリット

次に海外業者のメリットやデメリットについて解説します。

国内業者に比べて海外業者には「拠点が日本国内にはない」という点や、「金融庁の認可を受けていない」といった特徴がありました。

海外業者の特徴からどのようなメリットやデメリットが生まれてきたのでしょうか?

今から解説する海外業者のメリット・デメリットを、国内業者のメリットやデメリットと比べてみてください。

そして、あなたに合ったバイナリーオプション業者は国内なのか海外なのかを、よく検討されてみてください。

メリット

まずは海外業者のメリットから見ていきましょう。

海外業者のメリット
  • 短時間取引の取引回数に制限がない
  • 取引で値幅を予測する必要がなく、値動きだけ予測すれば良い
  • 取引での制限がないため、国内と比べて稼ぎやすい
  • 銘柄数が多く自由度が高い

といったメリットがあります。

バイナリーオプションの海外業者では、国内では実現することができない自由度が高い取引を行うことができます。

取り扱う銘柄が多いことや取引ルールも豊富で稼ぐために自由度が高いのは、トレーダーにとって有利に働くでしょう。

デメリット

次にデメリットも見ていきましょう。

海外業者のデメリット
  • 業者によるが、出金手数料がかかる場合がある
  • 支払う税金が総合課税で損益通算ができない
  • 海外の法律に基づいた金融取引で、安全性が日本と比べてやや欠ける
  • 「ボーナスシステム」を採用している業者が多く、システムの理解不足での出金トラブルがある

安全性の面でみると、やはり国内業者と比べて信頼度はやや落ちてしまうかもしれません。

トレーダーにとって有利に働くシステムを導入している海外業者は多いですが、トレーダーの理解不足によるトラブルが多いのも気になります。

バイナリーオプション取引では、メンタル面も重要な要素になってくるので、取引に関係のないところに集中するということは、なるべく避けたいところでしょう。

バイナリーオプションで大きく利益を得るなら国内よりも海外業者がおすすめ

バイナリーオプションで大きく稼ぐためには、国内よりも海外業者がおすすめです。

国内業者は安全性の面で高い信頼を持ちますが、取引が制限されている点や銘柄が少ないといったデメリットもあります。

取引制限といった要素は大きく稼ぐことにおいて最大の弱点である、と言うことができます。

海外業者で一番おすすめなハイローオーストラリアを見てみましょう。

ハイローオーストラリアのペイアウト率を見てみると

ハイローオーストラリアのペイアウト率
  • HighLow 1.90倍
  • Turbo 1.85-1.95倍
  • HighLowスプレッド 2.0倍
  • Turboスプレッド 2.00-2.30倍

と、かなり高いペイアウト率となっています。

また日本語での対応も可能で、資金管理も以下の画像の通り信頼性の高い業者である、といえるでしょう。

まとめ

バイナリーオプション取引では、国内業者を使用するよりも海外業者を使用することで、稼ぐ面においてかなり大きいメリットを持ちます。

海外業者では取引銘柄が多い点や自由度が高く取引ルールが豊富なため、稼ぎやすいという点がありました。

また海外業者で人気のハイローオーストラリアを見てみると、海外業者のデメリットとして挙げられていた安全面においても、とても高い信頼性を持つことが出来るのではないでしょうか。

またハイローオーストラリアはメリットの点も申し分ないです。高いペイアウト率や取引の豊富さ、その他の面でもトレーダーにとって有利なサービスを提供しています。

バイナリーオプション業者の選択は取引の環境づくりと一緒なので、あなたの目的にあった業者選びをしていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です