バイナリーオプションで最強のインジケーターはどれ?

8 min 1,988 views
バイナリーインジケーター

バイナリーオプションで勝率を上げるためにインジケーターの使用は必須。

よくある質問
  • 「順張りで使えるインジケーターは何?」
  • 「逆張りで使えるインジケーターは何?」
  • 「バイナリーオプションで使えるインジケーターの最強の組み合わせを教えて」

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな悩みを解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • 順張りで使用したいインジケーター5選
  • 逆張りで使用したいインジケーター5選
  • バイナリーオプションで勝つための最強インジケーターの組み合わせ5選

の順で解説していきます。

トレードスタイルによって使うべきインジケーターが違うので、あなたに合ったインジケーターを見つることができれば嬉しいです!

バイナリーオプションのインジケーターとは?

まずはインジケーターという言葉の意味について理解しておきましょう。

インジケーターとは、相場の状況を数値化・グラフ化して、効率的に分析するためのテクニカル指標

チャートだけを見て、今相場がどんな状況にあるのかをすぐに判断するのは難しいですよね。

インジケーターを使うことで、今の相場がどういった状況なのかを一目見て判断できるので、バイナリーオプションのトレードには必須に指標となっております。

順張りで使用したいインジケーター

まずは順張りで使用したいインジケーターを紹介していきます。

順張りとは、相場の流れに沿った方向にエントリーする方法

順張りの基本的な流れ
  • 相場が上昇 → Highエントリー
  • 相場が下降 → Lowエントリー

順張りは主にトレンド相場で使われる手法になります。

トレンドの流れに沿ってトレンド方向にエントリーするのが一般的です。

順張りで使用したいインジケーター5選
  • 一目均衡表
  • 移動平均線
  • ADX
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリックSAR

上記の5つです。それぞれ解説していきます。

一目均衡表

一目均衡表とは、日本の投資家である細田悟一(ペンネーム:一目山人)が開発したトレンド系のインジケーター。

MT4にある、RSIやボリンジャーバンドなどの数多くのインジケーターは海外の投資家が開発したものですが、この一目均衡表は数少ない日本人が開発した数少ないインジケーターになります。

一般的なテクニカル指標とは異なり、一目均衡表は”時間”を軸に分析をすることが特徴。

現在足の時間軸だけではなく、過去の時間軸に遡って計算する新しいインジケーターです。

バイナリーオプションで使用する場合、”雲”に注目していきます。

一般的な判断
  • ローソク足が雲の上に抜けた場合:買いシグナル
  • ローソク足が雲の下に抜けた場合:売りシグナル

他の線もたくさんありますが、雲だけに注目しても十分な勝率が担保されます。

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の平均価格を折れ線でグラフ化したもの

バイナリーオプションだけではなく株式投資やFXなど、どの投資でも使われている最もポピュラーなテクニカル分析の1つとなっております。

例えば、移動平均線の期間を21に設定した場合、現在足を含む21日分の平均価格を計算します。その平均価格を線で結ぶことで移動平均線ができるのです。

最もポピュラーなインジケーターなだけに使い方も豊富。

パーフェクトオーダー、グランビルの法則、MA乖離率、ゴールデンクロス・デッドクロス…など。

さらに、1つの期間の移動平均線だけではなく、期間を変更させて複数の移動平均線を組み合わせて使うことも多々あります。

本当に使い方によって勝率が変わるので、極めると便利なインジケーターには間違いありません。

ADX

ADXとは、Average Directional Movement Index(平均方向性指数)の略で、トレンドの方向性、強さを測定するトレンド系のインジケーターです。

0〜100で推移しており、その中で、ADX線と2つの方向性指数(+DIと-DI)が表示されています。

ADXの3種類の線
  • ADX線:主にトレンドの方向性を示す
  • +DI:上昇トレンドの強度を示す
  • -DI:下降トレンドの強度を示す

上記の3本線から、トレンドの方向性・強度を把握して順張りトレードとしてよく使われるインジケーター。

ただADX単体で使うと、明確にエントリーポイントを言語化することが難しいです。そこで他のトレンド系のインジケーターと組み合わせて力を発揮します。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、標準偏差を用いたテクニカル分析手法で、バンドの中に収まる確率を統計学から分析するインジケーターです。

ボリンジャーバンドの魅力は、逆張り・順張りどちらの手法にも使えて、かつ、相場の環境認識にも使えるインジケーターであるということ。

ボリンジャーバンドは、「バンドウォーク」、「スクイーズ」、「エクスパンション」の3つのパターンから相場を分析していきます。

スクイーズやエクスパンションからトレンドの発生を予測することができ、バンドウォークで順張り手法として活用する。

それに加えて、バンドの中に収まる確率から逆張りとしても有効なインジケーターです。

バンドの中に収まる確率
  • ±1σに収まる確率:68.26%
  • ±2σに収まる確率:95.44%
  • ±3σに収まる確率:99.73%

上記のことから、ボリンジャーバンドは非常に便利なインジケーターであることがわかりますよね。

パラボリックSAR

パラボリックSARとは、バイナリーオプションで人気のRSIを開発したワイルダー氏によって開発されたトレンド系のインジケーターです。

一般的な判断
  • 赤の点がローソク足よりも下にある:上昇トレンド
  • 赤の点がローソク足よりも上にある:下降トレンド

また、赤の点の角度でトレンドの強さが分析できます

  • 赤の点の角度が急:トレンドが強い
  • 赤の点の角度が緩やか:トレンドが弱い

パラボリックSARは、基本的に単体で使うよりも他のトレンド系のインジケーターと組み合わせて使うことが多いです。

逆張りで使用したいインジケーター

次に逆張りで使用したインジケーターを紹介していきます。

逆張りとは、相場の流れと逆方向にエントリーする方法

逆張りの基本的な流れ
  • 相場が上昇 → Lowエントリー
  • 相場が下降 → Highエントリー

逆張りは主にレンジ相場で使われる手法になります。

方向性が定まっていないレンジ相場の反発を狙うのが一般的です。

逆張りで使用したいインジケーター5選
  • RSI
  • MACD
  • CCI
  • RVI
  • ストキャスティクス

上記の5つです。それぞれ解説していきます。

RSI

RSIとは、「Relative Strength Index(相対力指数)」の略で、相場の”買われすぎ”、”売られすぎ”を判断するためのインジケーターです。一定期間の上げ幅と下げ幅をもとに計算されております。

0〜100の中で推移して、100に近いほど買われすぎ水準、0に近いほど売られすぎ水準にあるという判断ができます。

一般的な判断
  • RSIが70以上:買われすぎ
  • RSIが30以下:売られすぎ

簡単に相場の分析ができて、尚且つ勝率が高いので、バイナリーオプショントレーダーの中で最も人気のインジケーターになっています。

MACD

MACDとは、移動平均収束拡散手法と呼ばれ、短期の移動平均線と中期の移動平均線を用いて、相場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のインジケーター

また、移動平均線もSMAではなく、EMAを使っており、直近の価格の比重が高くなるので、短期トレードに向いていると言われております。

MACDは、基本となる線とシグナルの2種類の線の推移で分析をします。

一般的な判断
  • MACDがシグナルを下から上に抜ける:買いシグナル
  • MACDがシグナルを上から下に抜ける:売りシグナル

移動平均線を使っているので、ゴールデンクロス・デッドクロスを使うことがメインになります。バイナリーオプションだけではなくFXや株式投資でも人気のインジケーターです。

CCI

CCIとは、Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)の略で特にバイナリーオプションで人気のオシレーター系のインジケーター

CCIの特徴は相場に敏感に反応できることです。RSIやストキャスティクスよりも敏感で直近の値動きを重視しております

このことから、バイナリーオプションの中でも30秒取引や1分取引などの短期取引で使われることが多いです。

一般的な判断
  • CCIが100%以上:買われすぎ
  • CCIが-100%以下:売られすぎ

レンジの中ではこの100%以上でLowエントリー、-100%以下でHighエントリーという逆張りが非常に有効ですが、トレンドが発生すると頻繁に100や-100を超えていくので使い方の工夫が必要

RVI

RVIとは、Relative Volatility Indexの略で、先程紹介したRSIを応用させたオシレーター系のインジケーターです。

主に相場のボラティリティ(変動率)の拡大・縮小を判断するのに用います。バイナリーオプションのような短期取引の場合、ボラティリティの有無は非常に重要なポイント。

例えば、オシレーター系のインジケーターを使って買われすぎ・売られすぎを判断する際、ボラティリティが大きい場合と小さい場合で勝率が大きく変わってしまいますからね。

そのボラティリティを確認できるインジケーターとしてRVIは非常に便利なインジケーターです。

一般的な判断
  • RVIがシグナルラインを下から上に抜ける:買いシグナル
  • RVIがシグナルラインを上から下に抜ける:売りシグナル

ただ、このインジケーターはメインで使うというより、他のインジケーターと組み合わせてサブとして使うことをおすすめします。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、一定期間の高値と安値を活用して、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のインジケーターです。

他のインジケーターは終値をもとに計算をしていますが、ストキャスティクスは高値・安値を元に計算しています。

一般的な判断(メインのみ)
  • ストキャスティクスのメインが80以上:買われすぎ
  • ストキャスティクスのメインが20以下:売られすぎ
少し工夫した判断(メインとシグナル)
  • ストキャスティクスのメインがシグナルを下から上に抜ける:買いシグナル
  • ストキャスティクスのメインがシグナルを上から下に抜ける:売りシグナル

メインのみを使う人、メインとシグナル2本を使う人、これは、トレーダーの好みによって違います。

勝率に関してはどちらもそこまで大きくは変わりません

バイナリーオプションで勝つための最強インジケーターの組み合わせ5選!

インジケーターは単体で使ってもある程度の勝率が担保されていますが、限界はあります。

そこで複数のインジケータ―を組み合わせて、さらに勝率を上げていきましょう

ただ、ただ単に組み合わせても意味がありません。インジケーターには”相性”があります。

相性が良いインジケーター同士を組み合わせれば勝率を上げることができますが、相性が悪いインジケーター同士を組み合わせてしまうとかえって逆効果になってしまいます。

おすすめのインジケーターの組み合わせ5選
  • 移動平均線&RSI
  • 一目均衡表&平均足
  • 移動平均線&ボリンジャーバンド&一目均衡表
  • 移動平均線&ボリンジャーバンド&ストキャスティクス
  • ストキャスティクス&MACD&RSI

以上、5つの組み合わせについて解説していきます。

移動平均線&RSI

1つ目は移動平均線とRSIの組み合わせです。

移動平均線:トレンド系のインジケーター

RSI:オシレーター系のインジケーター

「全く別のインジケーターなのに相性が良いの?」

と思われるかもしれません。

基本的に移動平均線はパーフェクトオーダーなどの順張り手法、RSIは30と70での逆張りで使われています。

移動平均線は順張りで使われることが多いですが、移動平均線の乖離を使えば逆張りとしても使用可能。

具体的な手法
  • Low条件
    • RSIが70以上
    • 移動平均線から乖離している
  • High条件
    • RSIが30以下
    • 移動平均線から乖離している

一目均衡戦&平均足

2つ目は一目均衡表と平均足の組み合わせです。

一目均衡表については前述した通りですが、平均足についてはまだ説明してないので、簡単に説明しておきましょう。

平均足とはトレンドの流れを把握するためのインジケーターで、「始値・終値・高値・安値」の4本値をそれぞれ平均化してわかりやすく表示されます。

この平均足と一目均衡表を使って、トレンド相場での順張りトレードをしていきましょう!

具体的な手法
  • Low条件
    • 転換線が基準線を上から下に抜けるデッドクロス
    • 平均足が下向きで陰線が連続で出現
  • High条件
    • 転換線が基準線を下から上に抜けるゴールデンクロス
    • 平均足が上向きで陽線が連続で出現

手法が非常にシンプルなので、初心者の方でも再現性が高い手法です。

順張りが初めてという方は、この手法から始めてみるのもありかもしれません。

移動平均線&ボリンジャーバンド&一目均衡表

3つ目は移動平均線とボリンジャーバンド、一目均衡表の組み合わせです。

全てトレンド系のインジケーターになりますので、トレンド相場での順張りをすることでより、根拠の強いエントリーができるようになります。

具体的な手法
  • Low条件
    • 移動平均線がデッドクロス
    • ボリンジャーバンドが-2σタッチ
    • ローソク足が雲の中から下に抜ける
  • High条件
    • 移動平均線がゴールデンクロス
    • ボリンジャーバンドが2σタッチ
    • ローソク足が雲の中から上に抜ける

3つのインジケーターを組み合わせることでより根拠が強くなります。ただ根拠が強くなる分、エントリーのチャンスも少なくなるということを理解して使用してください。

移動平均表&ボリンジャーバンド&ストキャスティクス

4つ目は、移動平均線とボリンジャーバンド、ストキャスティクスの組み合わせです。

この組み合わせも逆張りの手法になります。

具体的な手法
  • Low条件
    • 移動平均線から乖離している
    • ボリンジャーバンド2σにタッチ
    • ストキャスティクスのメインが80以上
  • High条件
    • 移動平均線から乖離している
    • ボリンジャーバンド-2σにタッチ
    • ストキャスティクスのメインが20以下

使いやすさもありながら、勝率も高いのがこの組み合わせの特徴。

ストキャスティクス&MACD&RSI

最後に紹介するのがストキャスティクスとMACD、RSIの組み合わせです。

この3つの共通点は全てオシレーター系のインジケーターであること。バイナリーオプションではトレンド系よりもオシレーター系の方が人気傾向にあります。

特にこの3つの組み合わせは使用しているトレーダーもかなり多いですよ。

具体的な手法
  • Low条件
    • ストキャスティクスのメインが80以上
    • MACDとシグナルが高値付近でデッドクロス
    • RSIが70以上
  • High条件
    • ストキャスティクスのメインが20以下
    • MACDとシグナルが安値付近でゴールデンクロス
    • RSIが30以下

こちら3つの条件を満たすということは、レンジというよりもトレンドの可能性が高いですね。

エントリー回数はそこまで多くないですが、全てのインジケーターの担保勝率を保有できるので、勝率は当然高くなります!

まとめ

今回は、バイナリーオプションでの最強インジケーターについて解説しました。

MT4にはデフォルトでたくさんのインジケーターがありますが、その中で実際に使えるものは今回紹介した10個程度です。

そして、それらのインジケーターを単体で使うのではなく複数組み合わせて使うことでさらに根拠が強くなり勝率を上げることができます

勘違いしてほしくないのは、「ただ複数のインジケーターを組み合わせれば良いわけではない」ということ。

インジケーター同士の組み合わせには”相性”がありますので、気をつけましょう!

まずは今回紹介した5つの組み合わせを一度試してみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です