バイナリーオプションで借金を負うことはある?リスク管理を徹底しよう!

6 min 42 views
バイナリーオプション借金

「バイナリーオプションにおける借金はほとんど防ぐことができる」

よくある疑問
  • 「バイナリーオプションって投資だよね。借金が怖い。」
  • 「借金を背負う可能性ってあるの?」
  • 「借金を背負った時の対処法まで知りたい!」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなバイナリーオプションでの借金というお悩みを、解決します。

具体的には

本記事の概要
  • バイナリーオプションで借金をしてしまう3つの理由
  • 出来るトレーダーの9割が実践している!バイナリーオプションで借金をしない5つの方法
  • バイナリーオプションで万が一借金を背負ってしまった時の対処法
  • バイナリーオプションで借金しないためにも余裕のある資金で取引をしよう

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、バイナリーオプションにおける借金問題が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

バイナリーオプションで借金をしてしまう3つの理由

バイナリーオプションで借金をしてしまう理由は、バイナリーオプションに口座内金額の全てを注ぎ込んで資金を無くしてしまってもなお取引したい人がいるからです。

バイナリーオプションでは投資した金額以上に負けることはありません。

しかし、バイナリーオプションをいわばギャンブルのように楽しんでいる人にとっては負け続けていると、思わず借金をしてしまいます。

バイナリーオプション取引に夢中になって、つい生活費に手が伸びてしまい、止められなくなってしまいます。

できればみなさん借金は背負いたくないと思いませんか。

それではバイナリーオプションで借金をしてしまう3つの理由について具体的にみていきましょう。

①生活費を投資資金に当ててしまう

まず一つ目に、バイナリーオプション取引の投資金額の中に生活費を含んでしまっている例です。

バイナリーオプションの取引をしていて負けていると、どうしても負けてしまっている金額を取り返したい欲が出てしまいます。

もちろん負けた額を取り返すために、一気に大きな額をかけたいと考える方もいます。

そうなってしまった時に、投資金額の足りない金額の部分を生活費で補ってしまうと言うことが実際に起こってしまうのです。

もちろん投資した後から生活費を注ぎ込んでしまったことに気づき後悔するでしょうが取り返しはつきません。

バイナリーオプション取引で生活費に手を出すくらいならまだ負けたまま終わったほうがまだマシでしょう。

②資金管理が不十分である

また、資金管理が不十分であったために借金をしてしまうこともあります。

バイナリーオプションの怖いところは掛け金が1000円や2000円など大まかな値段で決められており、トレーダーに資金管理を怠らせるような仕組みになっていると言うことです。

1000円や2000円くらいなら無くなってもいいかと思っているとあっという間に資金が足りなくなるでしょう。

特に短期取引をやっている場合だと、30秒で取引が決まってしまうため、掛け金が少なくてもすぐにお金がなくなってしまいます。

資金管理を徹底することで借金に手を出す確率が大幅に下がるので、毎回きちんと資金を管理していきましょう。

③ギャンブル性の高い取引をしている

最後にギャンブル性の高い取引をしている場合だと借金に陥りやすいです。

バイナリーオプションのトレードはしっかりとチャートを分析して自分の手法を確立させることが大前提。

期待値を計算し追い求めることこそがバイナリーオプションの勝率を上げる基礎とも言えるでしょう。

しかし、一回一回の取引を疎かにしているうちに、思わず取引がギャンブル性の高いものになってしまいます。

勝率を追い求めることがめんどくさくなってしまったのでしょう。

バイナリーオプションで勝率を追い求めずに取引をしていることは、期待値を追わない取引。つまり絶対にいつかは負ける取引を繰り返すことになります。

時間やお金の無駄なので、ギャンブル性の高い取引は避けてください。

出来るトレーダーの9割が実践している!バイナリーオプションで借金をしない4つの方法

この記事をみている皆さんであれば、「借金はできればしたくない。」と思っていると思います。

では実際にほとんどのトレーダーが実践しているバイナリーオプションで借金をしないために行っている対策はどのようなことなのか解説していきます。

対策方法を知ることで、バイナリーオプションのリスクマネジメントができるでしょう。

具体的には次のような対策を解説します。

バイナリーオプションで借金をしないために行う4つの方法
  • 投資用の資金を確保してトレードを行う
  • 借金をしてまでトレードをしないこと
  • メンタルを安定させてトレードを行う
  • 自分の勝ちパターンが見つかった時だけ取引をする

それでは上記の対策について詳しくみていきましょう。

①投資用の資金を確保してトレードを行う

まずは投資用の資金を確保してからトレードを行うようにしましょう。

バイナリーオプションのトレードでは、投資額以上の損失を出すことはありません。

「投資額を確保していれば、絶対に借金をすることはない。」と言うことです。

それでも、投資額以上に投資してしまう人もいるでしょう。

ギャンブルのような投資をしてしまう人の対策として、1日の投資額を先に改めて決めておくといいと思います。

投資額をきっちりと決めることで、一度資金がなくなった時に考える時間があります。

投資額を確保したトレードを行うことによって、借金しないようにしましょう。

②借金をしてまでトレードをしないこと

また上記に似た例として、借金をしてまでトレードを行わないことが賢明です。

確かに借金をしてまで投資するチャンスがある場面がくることは確かです。期待値を追うために仕方なく借金をしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、借金をすると言うことはそんなに簡単なことではありません。

期待値が高いからと言って、借金して投資し負けにくい取引を行ったとしても、負ける時は来ます。

いずれ借金をしてしまうような取引は行うべきではありません。

借金をしてしまう前にトレードを中止し、資金を確保してからトレードを再開するようにしましょう。

期待値が高い場面でも、借金をしてまで追うメリットが少ないです。

③メンタルを安定させてトレードを行う

次にトレードにおいてメンタルコントロールは非常に重要なスキルです。

バイナリーオプションのみならず、ほとんどの投資でメンタルを安定させることが重要になってきます。

しかし多くのトレーダーは、メンタルコントロールすることができません。

実はメンタルが安定していないことを自覚することが非常に難しいです。

取引で大損した時にしかメンタルが安定してなかったことに気づかないのがほとんどでしょう。

どんな場合にメンタルが安定しないかと言うと、やはり負けている時に取り返そうとして、負けを増やしてしまう。と言った場合が多いです。

戦略が一流でもメンタル面で戦略を実行できないのはとてももったいないと感じませんか。

メンタルを安定させることで、不要な借金をしてしまうのはやめましょう。

④自分の勝ちパターンが見つかった時だけ取引をする

借金をしないために、自分の勝ちパターンだけ取引を行う方法は非常に有効です。

確かに勝ちパターンだけを行っていて、負けてしまうこともあるかもしれません。

しかし、取引を全体的にみてみると勝率も高いのではないでしょうか。

自分で作った勝ちパターンなので、勝率の高さには定評があるでしょう。詐欺の確率は0%です。

バイナリーオプションにおける取引回数が少なくなってきてしまうかもしれませんが、まずは自分の勝ちパターンを作ることがベストです。

自分の自信のある勝ちパターンを増やしていき、バイナリーオプションの取引勝率をキープさせたまま取引回数を増やす。と言った方法が賢明です。

バイナリーオプションで借金をしてしまわないように、自分の勝ちパターンを増やしていきましょう。

バイナリーオプションで万が一借金を背負ってしまった時の対処法

最後に万が一バイナリーオプション取引で借金をしてしまった場合の対処方法を紹介していきます。

バイナリーオプションで借金をしない対策を立てたとしても、実行しているのは人間。時に過ちもあります。

もしもバイナリーオプションで借金をしてしまった時の対処方法を知ることで、最悪の事態を避けることができるかもしれません。

対処方法を知っておくだけでバイナリーオプションにおける知識が増えることは確かな話です。

ぜひバイナリーオプションで借金をしてしまった時の対処方法を理解していきましょう。

ひょっとしたらいつか自分のみならず知人のための役に立つ日が来るかもしれません。

専門の弁護士に相談する

まずは借金などは専門である弁護士に相談するようにしましょう。

借金関係は弁護士の知識が役に立ちます。あらゆる借金に対する対処法を知っているのが弁護士です。

支払っているところに過払金などがあった場合、もしかしたら返ってくるかもしれません。

また借金をしてしまう人の専門の弁護士などは、借金に対する何かしらの方法を適用してくれるのかもしれません。

弁護士に頼ることは決して恥ずかしいことではありません。ぜひ活用していきましょう。

また実際に弁護士を使うとまではいかなくても「法テラス」を使用すると一つの案件に対して3回の無料相談が可能です。

さらに個人事務所などでも無料相談を行っているところもあるので、弁護士の知識を借りれば借金の問題が解決するかもしれません。

任意整理する

次にバイナリーオプションで借金をしてしまった場合は任意整理を行うようにしましょう。

借金が比較的少ない場合に有効な方法ですが、対処することが比較的に容易です。

借金をした原因にかかわらず手続きを行うことができるので、もしも借金をしてしまった場合は積極的に使っていきましょう。

ただし、任意生理を行ったとしても全ての借金をなしにできるわけではありません。

手続き後も、残りの借金を自力で返していくことには変わりませんが、借金が減るのはいいことではありませんか。

もう一度いいますが、借金が比較的少ない場合に有効です。

もしもとても返しきれない額を借金してしまった場合には対処方法としては弱いです。

もし任意整理して借金が減ったとしても誤差程度にしかならないので、借金が高額な方は次の方法を実践するのがベストでしょう。

自己破産する

借金が高額な場合は自己破産するのがベストでしょう。

しかし、バイナリーオプションで作ってしまった借金は「免責不許可事由」になってしまう可能性が高いのが現実です。

免責不許可事由とは、借金を作ってしまった原因によっては借金の帳消しを行うことができない条件を指します。

以下の条件事項を参考にしてください。

免責不許可事由の条件事項
  • ギャンブルや浪費による借金
  • 株や先物取引などの投資のためにした借金
  • 借金の額などを偽証した場合
  • 7年以内に免責を受けている場合
  • 債権者を害する目的で申し立てを行った場合

投資のための借金に当てはまる可能性が高いので希望は薄いですが、裁判官の判断によっては受けられる可能性があります。

投資をすでにやめていることや、返済に対して真剣に取り組んでいるといった姿勢が裁判官の判断を変えるかもしれません。

バイナリーオプションで借金しないためにも余裕のある資金で取引をしよう

最後に言えることとしては、バイナリーオプションで借金をしないベストメソッドは余裕のある資金での取引です。

資金に余裕があれば借金をする必要がありません。

またバイナリーオプションで借金をすることのメリットが少なすぎるので、お勧めできません。

また借金をしないためには、メンタル面の管理も重要になってきます。

仕事によってメンタルが安定していない時やプライベートで嫌なことがあった時は取引を行わないことも一つの借金回避方法です。

借金を回避するためには、資金管理はもちろんのこと、メンタル管理も必要になってくることが忘れがちなので、ぜひメンタル管理を忘れないようにしましょう。

バイナリーオプションで借金をしてもいいことは一つもありません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です