【徹底解説】バイナリーオプションのライントレード手法まとめ

5 min 46 views
バイナリーオプションのライントレード

チャート上にラインを引き、投資家の心理を読んで分析するライントレード

よくある質問
  • 「そもそもライントレードって何?」
  • 「初心者でもライントレードを攻略することは可能なの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問を解決していきます。

具体的には、

本記事の概要
  • バイナリーオプションのライントレードとは?
  • ライントレードに使う2種類のライン
  • バイナリーオプションの攻略で絶対に抑えておきたいライントレード攻略法

の順で解説していきます。

投資家の心理を読むライントレードは、全てのトレーダーが知っておいて損はない知識になりますので、是非最後までご覧ください。

バイナリーオプションのライントレードとは?

バイナリーオプションのライントレードとは、2種類のライン(水平ライン・トレンドライン)を用いて相場の値動きを予想する手法

ライントレードを用いることで相場の転換点を掴むことができるので多くのトレーダーがラインを意識してトレードしています。

あらかじめ反発しそうなポイントでラインを引き、そのラインに到達した時に逆張りでエントリーするのが基本です。

インジケーターではなく、投資家の心理を分析して、予想するトレードになります。一見、難しそうに聞こえるかもしれませんが、考えていることはみんな同じ。

つまり慣れてしまえば分析にかかる時間も早くなり、効率的にトレードすることが可能です。

さらに、バイナリーオプションだけではなく、FXのトレードにも活きる力が身につくので知っておいて損はありません。

ライントレードでは水平ラインとトレンドラインを活用する!

ライントレードでよく使われるラインは大きく分けて2種類あります

ライントレードで使うライン
  • 水平ライン
  • トレンドライン

上記の2つです。

では、それぞれのラインについて深堀りしていきましょう。

水平ライン

水平ラインとは、高値や安値にラインを引いて、反発するポイントを予想するものです。

この水平ラインを使うことで、相場の転換点を把握できます。

水平ラインには、高値に引くレジスタンスラインと、安値に引くサポートラインの2種類があります。この2種類のラインを自分で引きながら相場の転換点、反発するポイントを探していきます。

ライントレードに関して

「どこにラインを引くのが正解ですか?」

という質問がよくあります。

ただ、ライントレードに関しては正解はありません。絶対に反発するラインなんてありませんし、ライン手前で反発したり、ラインを少し抜けてから反発することもあり得ます。

まずは、どんどんラインを引いてそのラインでどんな値動きをするのかを勉強していくのが良いでしょう。

水平ラインを引くポイントは高値と安値

ラインの引き方に正解はないとは言っても無知のままラインを引くのは難しいと思います。

水平ラインを引くポイントは高値と安値です。

下記の画像をご覧ください。

赤の水平ラインを引いたのですが、こちらは高値に引いているので、レジスタンスラインになります。

黄色で囲った部分を見ると綺麗に赤いレジスタンスライン付近で反発していることがわかりますね。

売りポジションを保有しているFXトレーダーが多くて赤ラインを上回ると含み損を抱えることになるからこれ以上を上げたくないという心理が働き、さらに売りを入れることでライン付近で下落しているわけです。

少し難しくなってしまいましたが、要はこのラインは多くのトレーダーが意識しているラインで、これ以上あげたくないと思っている人が多いということ。

次は、逆の安値のラインを見ていきましょう。

黄色の水平ラインは、安値に引いているのでサポートラインになります。

こちらのサポートラインも赤枠で囲った部分を見ると綺麗にライン付近で反発していることがわかると思います。

こちらのサポートラインは先程のレジスタンスラインとは心理が逆で、サポートラインよりも下げたくないので、買いポジションを入れていることで上昇しています。

このように、高値や安値に注目することで、誰でも簡単にラインを引けるのです。

トレンドライン

トレンドラインとは、トレンド発生時にチャートに引くラインを指します。

その名の通り、トレンドの方向や強さを把握するためのラインです。

トレンドラインにも「上昇ライン」「下降ライン」の2種類があります。

2種類のトレンドライン
  • 上昇トレンド時に安値を結ぶライン:上昇ライン
  • 下降トレンド時に高値を結ぶライン:下降ライン

では、それぞれのラインについて実際にチャートの画面を見ながら解説していきます。

上昇時のトレンドライン

まずは上昇時のトレンドラインを引いていきましょう。

上昇トレンドと言っても、ずっと上がり続けるわけではなく、上げ下げを繰り返して、上昇していくことがほとんどです。

上昇時のトレンドラインを引くポイント
  1. トレンドが発生し始めた最安値を見つける
  2. 押し目を作った(次に一旦下落した)ところを結ぶ

この2つの点が決まれば引くことができます。

あとは下落してこのラインにタッチするのを待ちましょう!

トレンドを形成すると、このトレンドラインが意識されます。画像のように何度もヒゲを付けて反発する可能性が高くなります。

下降時のトレンドライン

次に下降時のトレンドラインを引いていきましょう。

先ほどの上昇トレンドと同様、下降トレンドでもずっと下がり続けるわけではありません。上げ下げを繰り返して、下降していくことがほとんどです。

下降時のトレンドラインを引くポイント
  1. トレンドが発生し始めた最高値を見つける
  2. 戻り目を作った(次に一旦上昇)ところを結ぶ

この2つの点が決まれば引くことができます。

あとは、上昇してこのラインにタッチするのを待ちましょう!

トレンドを形成すると、このトレンドラインが意識されるので、画像のように何度もヒゲを付けて反発する可能性が高くなります。

バイナリーオプションの攻略で絶対に抑えておきたいライントレード攻略法!

ここまで水平ラインとトレンドラインの2種類のラインについてそれぞれ解説してきました。

2種類のラインについてある程度理解できたと思いますので、ここからは具体的なライントレードの攻略法について解説していきます。

どちらの手法も再現性が高いので、今日から使っていける手法ですよ。

  • 水平ラインを使った手法
  • トレンドラインを使った手法

それぞれ解説していきます。

まずは両方の概要を勉強して頂き、自分が使いやすい方を選んで使ってください。

ラインの上下に水平線を引いて逆張り

まずは水平ラインを使った手法について解説していきます。

水平ラインを使った逆張り
  1. ボックスレンジの高値・安値にラインを引く
  2. 価格がラインにタッチするのをひたすら待つ
  3. 価格がラインにタッチしたら逆張りでエントリー

この流れです。

ですので、①のやり方さえ覚えておけばOKです。

この水平ラインを使ったライントレードは、トレンド相場でも使えなくはないですが、チャンスが極端に少ないのであまりおすすめしません

ボックスレンジで上下、両方の逆張りを狙っていきましょう。

下記の場面は水平ラインを使った最高の場面です!

こんな最高な場面は滅多にありません。ただこのようにボックスレンジの上下ラインで狙っていくと勝率が安定していきますので、是非チャートで確認してみてください!

トレンドラインで反発狙い

次にトレンドラインを使った手法について解説していきます。

トレンドラインを使った逆張り
  1. トレンドが形成されるのを待つ
  2. 下値切り上げ、上値切り下げになったらトレンドラインを引く
  3. 価格がラインにタッチしたら逆張りでエントリー

この流れです。

相場の中でトレンドは3割程度と言われているのでチャンスは少ないですが、もしトレンドが発生した場合は積極的にトレードしましょう。

最初に2回タッチしているところは、まだラインを引く前なのでエントリーすることはできません。

その後の3回のチャンスは全てエントリーできて、かつ、全て勝っています!

一般的にはトレンド相場での逆張りは危険と言われていますが、トレンドラインを使った逆張りは有効になりやすいのでぜひ試してみてください!

まとめ:バイナリーオプションではライントレードを活用しよう

今回は、バイナリーオプションでのライントレードについて解説してきました。

結論から言うと、バイナリーオプションを攻略する上でライントレードはおすすめの手法

ライントレードを活用するメリット
  1. レンジでもトレンドでもトレードが可能
  2. エントリーポイントが明確
  3. 常にチャートを集中して見ておく必要がない
  4. トレンドの把握が簡単
  5. トレーダーの心理がわかる

など、本当にたくさんあります。

また、トレードの手法としてだけではなく、環境認識で使ったり、他のインジケーターと組み合わせて使うことで、さらに根拠が強くなります

是非、これを機にライントレードについて研究してみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です